インパルス スキャルピングEA レビュー

EA

インパルス

インパルス損切り10Pipsの超短期スキャルピングEA | GogoJungle
損切り10Pipsの超短期スキャルピングEA損切り10Pipsの超短期スキャルピングEA | GogoJungle

 

損切り10Pipsの超スキャルピングEA

 

インパルスはGBPJPY用のスキャルピングEAです。

 

EAの基本情報

通貨ペア
[GBP/JPY]

取引スタイル
[スキャルピング]

最大ポジション数
1

使用時間足
M1

最大ストップロス
10その他: 変更可

テイクプロフィット
100その他: トレールストップによる利確

両建て
なし

ゴゴジャンのEAの基本情報「ストラテジーについて」の見方
ゴゴジャンに登録されているEAの、 EAの基本情報「ストラテジーについて」の 見方を説明します。 例:コペルニクス・ベーシックUSDJPY版 例:一本勝ち 「ストラテジーについて」の見方 通貨...
EAの推奨証拠金の計算方法と成績の見方
EAの推奨証拠金の計算方法と成績の見方 概要 名称 説明 収益 期間中の合計損益 収益率(全期間) 収益÷推奨証拠金 推奨証拠金 (建玉に必要な証拠金)+(期間中最大ドローダウン...

 

インパルスのフォワード

2019-10-27からのフォワードは以下の通りです。

カーソルを合わせると日付と収益額が表示されるので確認してみてください。

 

インパルスの開発者

開発者:ハム☆

プロフィール

この度ゴゴジャンに出品者登録させていただきました、ハム☆と申します。

私の実践経験が、皆様の資産運用のお役に立てれば幸いです。

 

EAの概要

小さい損失で利益は大きく、そして高い資金効率、これらがインパルスの特徴です。

多くのEAが世に出回っていますが、高勝率の利小損大型のEAは含み損を抱えている時間が長い傾向にあります。

長い時間含み損をかかえると、証拠金を圧迫し、資金効率が悪くなります。

また、精神衛生上良くありません。

インパルスはエントリーから決済までの時間が数分で終える事が多いため、非常に資金効率が高いです。

国内業者のレバレッジでも十分なハイレバスキャルが可能になります。

 

と説明通り、
フォワード実績を見ても1分以内に決済している取引が多数。

場合によっては1分以内に決済し、再度エントリーしているケースも。

 

ロジック・特徴

1分足で逆張りをしており、すぐに決済。

 

1本の足で大きく動いた場合なども、逆張りで何度も攻めます。

損切は10Pips以上は大きくなりませんが、利確はトレーリングストップが上手く働くことで、最大100Pipsまで獲得するケースも。

 

インパルスのQ&A

開発者の推奨口座

質問
質問

インパルスを稼動させるのに、お勧めのFX口座はありますか?

回答
回答

スプレッドが狭い業者の方が良いですので、FXTF(現ゴールデンウェイ・ジャパン)が良いと思います。

 

FXTFはストップレベルが大きい事を除けばスキャルピングに適している業者です。

 

ポンド円のスプレッドが0.7pipsですので、スリッページを考慮しても利益が出やすいと思います。

 

余談ですが、インパルスを出品する前、FXFTでテスト稼働していた時期、10月だったと思いますが1トレードで100pips以上を取った事がありました。

 

FXFTは固定スプレッドですので、相場の急変時にスプレッドが広がらなければ大きく勝てる可能性があります。

 

 

FXTFでのパラメーター設定について

質問
質問

FXTFでのパラメーター設定を具体的に教えてください。

回答
回答

FXTFのGBPJPYのストップレベルは5pips(50point)ですので、以下にように設定します。

 

MaxSpread = 0.8 (GBPJPYの通常スプレッド以上に設定します)
SL=12.0 (デフォルトの10でも良いです。SL=10~12の範囲で好みの数値を入力してください)
TrailingStop = 10.0 (デフォルトのままで良いです)
TrailingDistance = 5.0 (ここは重要です。ストップレベル以上の値にしなければならないため)
NearSL = true (ここも重要です。必ずtrueにしてください)
NearSLpips = 2.0 (ここも重要です。現在値とSLとの距離が2.0pips以内になったとき成り行きでポジションをクローズします)

 

以上がFXTFで使用する際の推奨設定値です。

 

SLとTrailingStopは好みで微調整してもかまいませんが、TrailingDistanceとNearSLpipsの数値は上記の設定値のままでお願いいたします。

 

資金に合わせたLot数で運用なさってください。

 

ストップレベルの設定について

質問
質問

各業者ごとのストップレベルの設定方法について教えて下さい。

回答
回答

デフォルトはストップレベルが0の業者を想定しています。

 

デフォルト設定では

 

SL=10
TrailingDistance=3.0
NearSL=false
NearSLpips=1.0(無視して良いです)

 

ストップレベルが7pipsの場合で、デフォルト設定に近い動作をさせるには

 

SL=14
TrailingDistance=7.0
NearSL=true
NearSLpips=4.0

 

と設定します。

 

TrailingDistanceをストップレベル以上にする必要があるため、デフォルト設定より4pips大きくします。

 

その4pips分をSLに足して、NearSLpipsに入力します。

 

ストップレベルを解説

ストップレベルとは

指値、逆指値を置く場合現在価格から必ず離さないといけない値幅(Pips)のこと。

FX会社や通貨ペアにもよりますが、この値幅が広いほど短期売買には不利になります。

日本国内のFX会社ではこの「ストップレベル」が0の場合が多いのですが、このことを知らずにストップレベルの
広いFX会社でスキャルピングEAやトレーリングストップを使うEAを運用した場合、パフォーマンスにはかなりの差が出てきます。

 

ストップレベルを確認する方法

気配値表示から任意の通貨ペアを右クリック→仕様をクリック

 

ストップレベルが確認できます。(この場合は0でした)

 

ストップレベル0のメリットは、数Pipsの指値・逆指値を入れることができる、トレーリングストップの開始値幅を小さく出来る、トレーリングストップの切り上げ値幅を小さく設定できることです。

スキャルピングで数Pipsを狙うようなEAの場合はぜひ重視していただきたいポイントです。

 

バックテスト検証

直近2年をスプレッド2.0でバックテストしてみました

 

期間:2018.1.04-2019.12.31

スプレッド:2.0

ロット:1.0

 

最大ドローダウン:616ドル

総取引回数:595回

PF1.63

純益:15,371ドル

となりました。

 

この場合の推奨証拠金は、

(5500)+(616*2)=12,232ドル

期待年利は63%となります。

 

これは1.0ロットでの推奨証拠金になりますが、何より損切10Pipsなので最大DDでも600ドル台と少なく、
資金効率の高い運用ができる点が魅力です。

また、スキャルピングとはいえ、一回あたり10pips以上獲得しており、年間平均獲得Pipsが700Pipsほどあるため、
獲得Pipsの少なさで悩むこともなさそうです。

 

PF

PFは1.63です。

 

プロフィットファクター(PF)とは

プロフィットファクター(PF)とは、
総利益が総損失の何倍かを示すデータです。
(期待値とも言います)

PFの計算式は、
総利益 ÷ 総損失で求めます。

PFを見れば損失に対して何倍の利益を出しているかが分かりす。

(例えばPF2.0の場合は、利益が損失の2倍あるという事になります)

 

勝率

勝率は55%です。

 

インパルス購入者のレビュー

4.0

購入して一週間ですが、瞬時に決済します。

含み損をかかえないので、ストレスが有りません。

1ロットで損切が10.000円程度なので、安心です。

勝率が良いことを期待してます。

 

インパルス損切り10Pipsの超短期スキャルピングEA | GogoJungle
損切り10Pipsの超短期スキャルピングEA損切り10Pipsの超短期スキャルピングEA | GogoJungle

 

コメント

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss