ショートカバーFX

ショートカバーFX

ショートカバーFX

 

「実際にFXで勝ち続ける手法」・・・実は、多数存在します。

中でも「押し目買い・戻り売り」「ブレイク」「反発」などは、一般に書籍や教材で学ぶことができる売買手法でもあるように、
確かに これらの手法を用いてもFXで勝ち続けることが可能です。

相場を真剣に学んでいる人こそ、これらの一般的王道手法を用いてトレードに励んでいることが多い様に思えます。

・・・しかし、相場を真剣に学び、学んだ手法の通りにトレードしても90%以上の人が結局負けてしまうのがFX世界です。
・・・では、なぜ、一般的王道手法を用いても、多くの人はトータルで必ず負けてしまうのでしょうか。

その理由は、一般的王道手法は、それぞれ有効な相場状態が限られており、その相場状態を多くの人が正しく判定できていないからです。

「押し目買い狙い」の場合、トレンドが乱れたり逆方向やレンジに転換したりした時には負けてしまいます。

例1

「ブレイク狙い」の場合、そのブレイクが結果的にダマシになった時には負けてしまいます。

例2

「反発狙い」の場合、ラインがブレイクされた時には負けてしまいます。

例3

上記は、あくまでも相場を簡略化した図ではありますが、
「エントリー後の相場の変化によって結果が左右されてしまう」
ということがお分かり頂けるでしょう。

つまり、一般的王道手法では、現在の相場状態を的確に判定し、また、その後の相場状況に的確に対応しなければ、FXで勝ち続けることができないのです。

一方で、「ショートカバー狙い」であれば「エントリー後の相場の変化によって結果が左右されない」という特徴があります。

例4

これが、ショートカバーFXの基本的な戦略です。
このように、エントリー後、トレンドが続いても、レンジに転換しても、トレンドが逆方向になっても…物理的に利益を狙えることがお分かり頂けると思います。(※実践では、下落相場だけでなく、上昇相場やレンジ相場でも、同じ基本戦略で着実に利益化していきます)

この「ショートカバー狙い」の戦略…もしかすると「怖くて とても買えない」というポイントに思えるかもしれません。

しかし、そのように多くの人が感じるポイントだからこそ、本当の高い優位性があるのです。

しかも一般的王道手法のように、「現在の相場状態を的確に判定し、その後の相場状況に的確に対応する」などの必要は一切ありません
なぜなら、どんな相場状態でも、どんな相場に変化しても、物理的に(一時的に)上昇せざるを得ないポイントを狙うからです。

ショートカバーFXの基本エントリーポイント ・・・ どんな相場でも 物理的に(一時的に)上昇せざるを得ないポイント

具体的には・・・

  • 市場参加者が 既に売りポジションを持っているが、追加の売りを入れにくいポイント
  • 市場参加者が 既に売りポジションを持っているので、利益確定を検討しているポイント
  • 市場参加者が 新規に売りを検討しているが、戻りを待っているために、すぐには新規売りを入れにくいポイント
  • 市場参加者が 買いポジションを持っていたが、既に損切りをしたポイント
  • 市場参加者が 買いポジションを持っているが、利益確定の売り(決済)を入れにくいポイント

・・・これらが、相場の本質・勝つための本質に基づいた優位性の高いエントリーポイントです。

このように、相場の本質・勝つための本質を考えると、それを知っている一部の人が「勝つべくして勝ち続ける」、本質を知らない大半の人が「負けるべくして負け続ける」という実態も納得してもらえるかもしれません。

ショートカバーFXの手法を相場の本質・勝つための本質に照らすと・・・

1.買いポジションを損切りした人から買って、(エントリー)
2.売りポジション保有者の利益確定を利用して含み益を築き、(保有)
3.出遅れて買いポジションを持とうとしている人に売る(決済)

・・・ ということができます。
言い換えれば、「他人の失敗を利用して自分の利益にする」ということが、相場で勝ち続けるための本質なのです。

「他人の失敗を利用して自分の利益にする」…この表現は、倫理上不適切かもしれませんが、このような視点で相場と向き合うことで、本質を知っている一部のトレーダーからのカモとなってしまうこと(相場で負けること)を防げるようになると思います。

『 ショートカバーFX 』は、解説書での説明の通りにシンプルなルールに従ってトレードを行うだけで、
自ずと「他人の失敗を利用して自分の利益にする」という行為になります

もし、あなたが「野球のバッティングでも、相手の甘いボールを待って打つ」「ポーカーでも、相手が甘い勝負をしてきた時に高額ベットする」「訴訟でも、相手の落ち度を突いて勝訴する」…と同じように、相場を真剣勝負の場と割り切ることができれば、
『 ショートカバーFX 』の手法をそのまま使い続けるだけで、永く安定して勝ち続けられるトレーダーとなることができるでしょう。

 

ショートカバーFX

 

コメント

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss