Sentinel EA 検証

Sentinel

Sentinel
運用管理システム「Eighty System」との組み合わせにより24ヵ月で1057万円!ハイポテンシャルEA登場
運用管理システム「Eighty System」との組み合わせにより24ヵ月で1057万円!ハイポテンシャルEA登場?|?fx-on.com

 

 

【Sentinel 概要】

通貨ペア:[USD/JPY]

取引スタイル:[スキャルピング]

最大ポジション数:1( 証券会社の上限ロットを超えての発注時は複数になります)

最大ロット数:1000 その他: 任意に設定可能 「Eightyモード」使用時は自動管理

使用時間足:M15

最大ストップロス:80

フォワード1ヶ月で55pips、複利運用【Eightyモード】で+8%の利益率となっています。

 

■バックテストから多角的に分析!

公式販売ページにも色々な条件でのバックテスト結果が載っていますが、
0.1ロット単利運用の場合とEightyモードでの運用を中心に見ていきましょう

 

【単利運用の場合】

2008.01.01-2018.09.30

スプレッド0.8

0.1ロット固定

純益+46万円(4600pips)

最大ドローダウン 7.7万円

勝率 67%

総取引回数 1949回(年間平均 180回)

となりました。

 

10年半のバックテストにおいては

0.1ロットあたりの年間平均利益は4.3万円(430pips)程度となります。

 

推奨証拠金は

(4.5)+(7.7*2)=19.9(万円)

約20万円あたり0.1ロット設定にて運用可能です。

 

最大ドローダウン50%での運用においては平均期待年利は21%となります。

 

【月別・年別損益】

2009年、2010年に最大ドローダウンの7万円になっていますが、
その他の年においては3万円以内になっています。

月別で見ると2008,2009年は少しマイナス。

それ以降は安定しており、年間1000pipsを超える年も。

 

■Eightyモードとは

Sentinelの最大の特徴はEightyモードという複利設定で、
レバレッジ25倍の口座において、
口座資金の80%を建玉保有に使用するというモードです。

たとえば口座資金が100万円なら80万円を建玉保有に使用し、
1.5ロット程度をもちます。

Eightyモードで運用すると、
2010年以降であれば大体相対ドローダウンは30%程度になります。

 

【成績の悪かった年に運用しても、数年後には必ずプラスになる!】

2008年、2009年は単利運用でもマイナスの結果だったので、
複利だとさらにマイナスを被るのはわかっているのですが、
そのまま運用を続けたらどうなるのか?

2008年を含めてEightyモードでバックテストしてみました!

相対ドローダウン83%で瀕死の状態(口座残高20万円くらい)から、奇跡の復活!

2013年以降は倍々で利益が増えていきました。

2008年、2009年はイレギュラーな相場だったので、
直近5年くらいの相場が続くとするとEightyモードはかなり強力な
運用スタイルになることでしょう。

固定ロットでリスクをコントロールしながら運用するのも可能ですが、

ぜひ1口座1EAで運用を試してみたいですね。

10万円から始めても、直近3年半で+6000%増!

10万円→640万円に

1年で+130%、2年目は前年比+450%増、3年目は前年比+240%増

バックテスト通りに増えていくか、フォワードが楽しみなEAです!

 

Sentinel
運用管理システム「Eighty System」との組み合わせにより24ヵ月で1057万円!ハイポテンシャルEA登場
運用管理システム「Eighty System」との組み合わせにより24ヵ月で1057万円!ハイポテンシャルEA登場?|?fx-on.com

 

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss