マーケットの魔術師 奥村尚の “トワイライトゾーン” レビュー

FXマニュアル

マーケットの魔術師 奥村尚の “トワイライトゾーン”

マーケットの魔術師 奥村尚の “トワイライトゾーン”

 

トワイライトゾーンは投資業界の第一線で活躍してきた奥村尚さんが、
金融工学や投資理論に基づき自らが開発したオリジナルのFX教材です。

 

奥村尚のプロフィール

都立大学工学部修士課程修了、テーマは人工知能(AI)。

日興証券で数々の数理モデルを開発。

スタンフォード大学ウィリアムシャープ博士(1990年ノーベル経済学賞)と投資モデル共同開発、東証株価のネット配信(世界初)。

その後イスラエルのモサド科学顧問ミラー博士とベンチャー企業設立、AI技術を商用化し大手空港に導入。

現在海外ヘッジファンド「カタリストプライベートファンド」の運用部門を率いる一方で、日本の金融リテラシーを高める貢献として金融リテラシー塾主催など金融とITの交点で活躍中。

・証券会社における投資分析基本モデルとそのためのシステムプラットホームを開発。
(その後の全てのクォンツモデルは、このプラットホームで開発される)

・ポイントキャスト社との共同プロジェクトにおいて世界初の日本株データをインターネットでプッシュサービス開始。

・監視セキュリティビジネスを開始し第3回愛知県事業評価委員会にて最高評価の公益信託UFJニューフロンティア基金を獲得。

 

トワイライトゾーンの概要

トワイライトゾーンはMT4のインジケータの名称で、
このインジケータを使用してのトレード手法がコンテンツの内容になります。

 

 

上記チャート上に2本のラインが引かれた領域がトワイライトゾーンになります。

 

トワイライトゾーンの使用方法

 

上記の画像で◯の部分では、
トワイライトゾーンを突き抜けています。

このようにトワイライトゾーンを突き抜けたタイミングで、
突き抜けた方向に順張りのエントリーを行うというのがこの手法です。

 

とてもシンプルな内容で、
トワイライトゾーンを抜けたタイミングでエントリーを行えば、
非常に高い勝率でトレードができます。

 

多通貨で使用が可能です





 

トワイライトゾーンは、リスク・リターンを使ってチャート解析することで、
市場リスクを計算し、その市場リスクを視覚的に見やすく、
平行線(トワイライトゾーン)として表示しています。

つまり、トワイライトゾーンを利用すれば、
市場のリスクを確認しながらトレードができると言えます。

 

トワイライトゾーンの勝率

トワイライトゾーンの勝率は約65%前後となっています。

 

損益比率が損小利大なので、
十分な勝率であると思います。

 

リアルトレード結果

 

トワイライトゾーンのまとめ

トワイライトゾーンは他のインジケーターに比べて、
エントリーポイントが非常に分かりやすく、十分なエントリーチャンスがあります。

平行線を抜けたらエントリーすればいいので、
エントリータイミングも分かりやすく使いやすいです。

 

またどの通貨ペアでも利用できますので、
エントリーしたいタイミングで、いくつかの通貨ペアを見て、
平行線を抜けそうな通貨ペアを探してエントリーするだけですので、
トレードしたいと思った時にできます。

 

普段仕事で忙しい方でも、
1時間くらいの時間があれば、
それだけでも十分なエントリーチャンスがあり、
コツコツと利益を積み上げていく事が出来ると思います。

 

他にもトワイライトゾーンで生成される平行線は、
トレンドフォローの手法でも非常に良いポイントで引かれるため、
トレンド転換ポイントの判断の1つとして等、
独自の手法に組み込むことができるインジケータです。

 

マーケットの魔術師 奥村尚の “トワイライトゾーン”

 

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss