ダブル・プロフィットシステム レビュー

EA

ダブル・プロフィットシステム

 

ダブル・プロフィットシステム

 

ダブル・プロフィットシステムはテラスで販売されている、
USDJPY用のMT4EAです。

 

ダブル・プロフィットシステムの特徴

2つのEA分のロジックを1つにまとめあげて作成したEA

ダブル・プロフィットシステムは2つのEA分のロジックを2つにまとめあげて作成されたEAで、そのためエントリーが非常に高頻度で、毎日ほぼ確実に取引を行います。

 

損小利大のロジック

実は多くのEAは平均敗けトレードの金額の方が大きくなっており、勝率高く小額稼いで、低い確率で大きく敗けるというトレードスタイルとなっています。

このスタイル自体は問題ないのですが、問題は大きく敗けるときです。これまでの利益を消し飛ばして余りある金額の損失を出すこともありますし、運用ロットをアップした瞬間に大規模損失に出会うこともあります。

EAを運用していて、「いつ大きく敗けるんだろう」とヤキモキしてしまうことが多い人もいるのではないでしょうか。

「ダブル・プロフィットシステム」は、平均勝ちトレード金額が平均敗けトレード金額よりも大きくなり、また最大勝ちトレード金額が最大敗けトレード金額よりも大きくなる損小利大のトレードスタイル。

つまり日々の取引で、損失が利益を上回る金額になることが非常に少ない設計になっています。

損小利大のEAは普通は勝率が50%を切るものが多いですが、「ダブル・プロフィットシステム」は本来クリアが難しい50%のラインを大きくクリアして、「約60%」という高勝率をバックテスト結果で出しています。

そのため損失よりも大きな利益を高い確率で稼ぐことが期待できます。

その勝率を背景に、含み損を一切抱えることなく日々の取引を進めていくため、突然の大規模損失に見舞われるリスクが極端に少なく、長期的に運用するのに非常に適した設計となっています。

 

素早く損切りをする

「ダブル・プロフィットシステム」は他のEAと比べて含み損を抱えません。

多くのEAは含み損が出た場合それ抱えて「戻る」の待ちます。

その当然の帰結として、戻らなかったときに大きな損失を出してしまうことがよく起こります。

大きな含み損を抱えた時や、大きな損失を出したときの精神的ダメージというのはかなり大きなもので、これがEAの運用をやめてしまう大きな原因となっています。

「ダブル・プロフィットシステム」は含み損を抱えて耐えるということを一切せずに、予定外の方向に進めば早々に損切します。

本来「あてが外れたら撤退する」というのがトレードの本筋ですので、これは非常に重要なことと言えます。

これが大損失を出しにくい大きな根拠です。

これによって精神的な負担を感じることなく長期間使用することができる。

これはとても大事な要素になります。

 

ダブル・プロフィットシステム

 

コメント

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss