ノックアウトオプションを戦略的に攻略する手法のMT4インジケータはこれだ

FX

ノックアウトオプションを戦略的に攻略する手法

人気のノックアウトオプションを攻略する為の手法を紹介します。

 

ノックアウトオプションとは

FOREX.com(ノックアウトオプション)
FOREX.com(ノックアウトオプション)

 

ノックアウトオプションを攻略する為に1番重要な事は、

いかにしてロスカット幅を狭くするか

これにつきます。

 

ノックアウトオプションにおいては、
このロスカット幅の管理が全てになります。

 

通常のFXトレードであれば、
様々なトレード手法があり、
トレードスタイルに1番はありませんが、
ノックアウトオプションという独自の設定があるものでは、
その特徴を活かせるトレード手法を行わなければ優位に立てません。

 

ロスカット幅を狭くするには

FXトレードのロスカット幅というものは、
その手法に依存します。

メインで見る時間足でポジション保有時間が変わってくる等、
手法におけるトレードのバリエーションはいくつもありますが、
ノックアウトオプションにおける最適な攻略手法は、
ライントレードになります。

 

先程言ったロスカット幅の管理も、
ライントレードが1番簡単でやりやすいです。

 

ライントレードとは

世界中のトレーダーの多くが重視しているサポートライン・レジスタンスライン・トレンドライン

 

ライントレードとは、
チャート上にサポートライン・レジスタンスライン・トレンドラインなどを引き、
ラインに対する値動きを確認しながら、
エントリーポイントや決済ポイントを決める手法の事です。

 

ライントレードでのトレード風景

 

綺麗に効いた上げトレンドのラインを下ブレイクし、下ブレイクしたラインに再度タッチして落とされたタイミングです。

上げトレンドのトレンドの定義は壊れ、転換シグナルの発生、形状としては三尊となっています。

 

 

直近安値から引かれる黄色のサポートラインを下抜けたタイミングです。

 

サポートライン・レジスタンスライン

 

トレンドの上下運動を繰り返す値動きの山と谷は、
売り圧力に勝る買い圧力が存在する谷をサポートと呼び、
買い圧力に勝る売り圧力が存在する山をレジスタンスと呼びます。

その、谷(サポート)と山(レジスタンス)に対して、実際にラインを引いたものが、サポートラインやレジスタンスラインです。

このラインが引かれたレートを抜けると、トレンドの発生・継続・終了を告げるシグナルとなるなど、チャートそのものを読み解く上で、もっとも重要なものです。

 

トレンドライン

 

トレンドラインは、
上昇トレンドラインは、切り上がる2点の下値を結んだ右肩上がりのライン、
下降トレンドラインは、切り下がる2点の上値を結んだ右肩下がりのラインであり、
そこに“3点目”が抵抗を受けてトレンドラインの完成となります。

トレンドの概念として「動き始めたトレンドはしばらく継続する」とありますが、
トレンドラインにより決定(3接点)されたトレンドは、
一定の速度を持って傾き(角度)も継続する傾向にあり、
トレンドの調整局面の限界値(押し目買い・戻り売りポイント)やトレンド転換の時期も示してくれます。

 

このように、
ブレイクアウトやトレンド転換のポイントでエントリーを行えば、
損小利大のトレードが行えるので、
ロスカット幅も狭くする事が可能になります。

 

実際の損益比率については実際にやってみないとわからない事ですので、
是非ライントレードを試してみて下さい。

 

ラインを自動で描写するインジケータ

ライントレードで使用する各種ラインを、
自動描写するMT4のインジケータを紹介します。

 

トレンドラインPro

ゴゴジャンリンク

トレンドラインPro

 

 

トレンドラインProはリアルタイムの相場に対して、
精度の高いラインを自動で引いてくれます。

ライントレードを最短で習得できる補助ツールとなっています。

 

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss