米国株が-20%超暴落とバンク・オブ・アメリカ証券が警鐘を鳴らす

米国株

バンク・オブ・アメリカ証券が米国株式市場に-20%以上の下落を起こすサインが点灯しそうだと発表

米金融大手バンク・オブ・アメリカ証券が米国株式市場に-20%以上の下落を起こすサインが点灯しそうだと発表し、ビットコインに資産逃避が進むのではないかとの声が上がっている。

同社は過去50年以上のデータをさかのぼり、アメリカの政策金利上昇や債券の長短金利逆転など19の下落相場入りサインをまとめた。

1968年以降、このうち80%以上が確認されると、直近の最高値から-20%以上の下落が発生した。

現在の相場は63%(12個)の条件を満たしており、1月の47%から上昇。

下落相場入りの警戒を強めるべきだとしている。

Here's how to tell a bear market is coming
Bank of America Securities curated a "bear market signposts" list for clients to help gauge when stocks might be close to bear market territory.

参照

 

19のサイン

1.金利を引き上げる連邦準備制度
2.与信条件の強化
3.強気相場の過去12か月の最低リターンは11%
4.強気相場の過去24か月の最低リターンは30%です
5.低品質の在庫は高品質の在庫よりも優れています(6か月以上)
6.勢いのある株のパフォーマンスが優れている(6〜12か月間)
7.成長株のパフォーマンスが優れている(6〜12か月間)
8.昨年の株式の5%引き戻し
9.株価収益率が低い銘柄はパフォーマンスが低い
10.会議委員会の消費者信頼水準は24ヶ月以内に100に達していない
11.株価が高くなると予想している会議委員会の割合
12.収益に対する報酬の不足
13.セルサイドの指標、セルサイドの株式楽観論の逆説的な尺度
14.バンクオブアメリカファンドマネージャーの調査では、高レベルの現金が示されています
15.逆イールドカーブ
16.長期的な成長期待の変化
17.20のルール、CPIに追加されたトレーリング価格収益率は20を超えています
18.過去3か月以内のある時点でボラティリティインデックスが20を超える急上昇
19.収益見積改訂ルール

 

米国株の最新情報がわかる無料メルマガ ザ・モトリーフール・ジャパン

米国株の最新情報がわかる ザ・モトリーフール・ジャパンの無料メールマガジン
ザ・モトリーフール・ジャパン 海外リサーチに強い無料メルマガ モトリーフール ザ・モトリーフール・ジャパンとは? ザ・モトリーフール・ジャパンは、 「Motley Fool」の日本法...

 

ザ・モトリーフール・ジャパンを購買すると、
海外の個別株の情報や、市況の一次情報が配信されます。

 

 

ザ・モトリーフール・ジャパンは世界中の投資に関するニュースを提供しており、米国株だけでなく、香港株、シンガポール株、オーストラリア株、欧州株をカバーしています。

初心者だけでなく、経験者にも豊富な投資情報を提供してくれ、
個人投資家への確かな情報とアドバイスを提供してくれます。

 

いつでも配信解除ができる
無料のメールマガジンです

 

米国株の最新情報がわかる ザ・モトリーフール・ジャパンの無料メールマガジン
ザ・モトリーフール・ジャパン 海外リサーチに強い無料メルマガ モトリーフール ザ・モトリーフール・ジャパンとは? ザ・モトリーフール・ジャパンは、 「Motley Fool」の日本法...

 

ゴゴジャンの精鋭アナリスト

ゴゴジャンが誇る海外に強いアナリストを紹介します。

 

江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー

江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle

 

 

エモリキャピタルマネジメント株式会社にて、独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいて、主要投資市場の価格変動リスクの回避を行いながら、株式・為替・債券・コモディティ市場における運用を通じて、投資資本に対するリターンの最大化を追究した運用を行っている。

 

江守哲さんは、1990年代から住友商事で非鉄金属の現物取引ビジネスを英国、南米をはじめワールドワイドで経験。

その後、三井物産フューチャーズやアストマックスで資産運用の世界に入り、リーマン・ショックなどの相場の荒波を数多く経験し、現在は自社トレード、マーケットへのコメント発信、投資教育の講師として活躍中です。

これらの経歴から、理論と実践、投機と投資、原物とデリバティヴ併せた知識を持ち、コモディティ、FX、債券、株式などの相場を広い視野で捉え、分析・判断できる日本では他に類を見ない、極めて稀有な存在といえるでしょう。

その、独自の視点から深堀りした分析には傾聴に値するもの多とし、それを指針として参考にすることの益、少なくありません。

ストックボイスの番組でも、コモディティ市場を俯瞰した「コモディティ・フォーカス」という番組に2年間、レギュラー・コメンテーターとしてご出演いただき、現在でも幅広い視点から市況分析、解説をお願いしております。

 

江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle

 

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss