MT4のダウ理論インジケータ まとめ一覧

インジケーター

MT4のダウ理論インジケータ

MT4のダウ理論インジケータの紹介です。

 

ダウ理論とは

ダウ理論とは、19世紀の終わりにチャールズ・ダウが提唱した相場理論です。

古典的な理論と思われがちですが、全てのテクニカル分析の基礎として現在も多くの投資家に支持されています。

ダウ理論を理解することで、株式や仮想通貨、FXなどあらゆる相場を分析するための基本的な考え方を身につけることが出来ます。

 

平均はすべての事象を織り込む

政府が発表する経済統計や企業の業績・更には自然災害の様な予測不可能な事象に至るまで、需給に関するあらゆる事象は全て市場価格に織り込まれる。

市場価格はあらゆるファンダメンタル(材料)の反映であるという考えであり、その意味で効率的市場仮説の主張に基づいた考えとも言える。

 

トレンドには3種類ある

ダウ理論では、価格変動の分析において市場動向(トレンド)を重視する。そのトレンドを以下の3つに分類している。

主要トレンド:1年~数年のサイクル

二次トレンド:3週間~3ヶ月のサイクル

小トレンド :3週間未満のサイクル

これらのトレンドは互いに独立しているのではなく、二次トレンドは主要トレンドの調整局面であり、小トレンドは二次トレンドの調整局面として捉えられる。

 

主要トレンドは3段階からなる

また、主要トレンドは買い手の動向によって3つの段階からなるとしている。

先行期 :市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、いわゆる”底値買い”をする時期。価格は、下落しているか底値圏で上下している。

追随期 :市場価格の上昇を見て追随者が買いを入れる時期。価格は、上昇局面にある。

利食い期:価格が充分に上昇したところを見て、先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期。価格は既にその前から上昇局面にあるものの、その上昇する値幅は小さくなっている。

 

インジケータの紹介

MT4 ダウ理論トレンドモニター

 

自動で戻り高値・押し安値を表示!

自動でトレンドラインをZigZag表示!

 

ダウ理論によるトレンド分析を行うMT4インジケーターです。本インジケーターを使うと、戻り高値・押し安値が明確になり、トレンド分析が可能になります。

 

 

上のチャートはEURUSDの1時間足です。トレンドライン(ZigZag)、高値・押し安値、戻り高値・押し安値を連続接続したバンドライン、最新の高値及び最新の押し安値のラインを表示しています。

高値・安値が切り上がり、上目線であることが明確に分かります。

また、高値1.12488がレジスタンスレベル、過去の戻り高値1.11613がサポートレベルとなり、レンジとなっていることも明確に分かります。

 

本インジケーターのトレンドラインは、MT4に内蔵の「ZigZag」インジケーターの様なリペイント(再描画)がありませんので、目線がブレることがありません。

全ての時間軸で使用することができ、時間軸を変更しても瞬時に切り替わります。1分足、5分足でも使用できるため、スキャルピングにも有効です。

 

機能一覧

■スイングハイ・スイングローによる高値・安値を表示

■高値・安値の価格を表示

■高値及び安値を連続接続したバンドラインを表示

■戻り高値及び押し安値を連続接続したバンドラインを表示

■高値・安値を接続したトレンドライン(ZigZag)を表示

■戻り高値・押し安値の水平ラインを表示

■過去の戻り高値・押し安値が分かるように表示

■高値連続更新回数・安値連続更新回数を表示

■現在が上目線(買い目線)なのか、下目線(売り目線)なのかを表示

■最新の高値上抜け・安値下抜けでアラーム音を再生

■最新の高値上抜け・安値下抜けでアラートを表示

■最新の高値上抜け・安値下抜けでスマートフォンのMT4にプッシュ通知

■最新の高値上抜け・安値下抜けでメールで通知

 

 

コメント

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss