Master Piece FX レビュー

EA

Master Piece FX

 

Master Piece FX

 

Master Piece FXはEURUSD用のMT4EAです。

 

Master Piece FXの概要

トレードロジック

Master Piece FXはトレンド相場に対して、
押し目買い、戻り売りを行います。

エントリーする時間には決まりがあり、
日本時間の早朝からエントリーが始まります。

いわゆる朝スキャです。

上位足でトレンドの方向を確認して、
下位足でエントリータイミングを計るロジックだと思います。

 

成績

過去15年のバックテストで勝率は、
97.18%です。

 

またPF(プロフィットファクター)は2.18です。

プロフィットファクター(PF)とは

プロフィットファクター(PF)とは、
総利益が総損失の何倍かを示すデータです。
(期待値とも言います)

PFの計算式は、
総利益 ÷ 総損失で求めます。

PFを見れば損失に対して何倍の利益を出しているかが分かりす。

(例えばPF2.0の場合は、利益が損失の2倍あるという事になります)

 

最大ドローダウンは3.46%と低めに抑えられています。

 

以上の成績から、
Master Piece FXは高勝率の朝スキャEAであると思われます。

 

Master Piece FXの注意点

損大利小

Master Piece FXのTPとSLの比率は、
損大利小だと思われます。

損切り値に対して利確値は小さく、
ドローダウンが来た時には大きく負けるタイプのもので、
コツコツドカンと言われるタイプのスキャルピングEAです。

ただこれについてはそれが悪いというわけではなく、
1つのタイプとして、定番ではあります。

ただEAの説明に、
それらしい記述が見当たらなかったので、
注意点としました。

 

バックテストの再現性

Master Piece FXの1番の注意点は、

バックテストの再現性

だと思われます。

 

バックテストの再現性についての注意は全てのEAに言える事ですが、
Master Piece FXの価格はかなり高額ですので、
購入後に再現性がなかったとなったら、
かなりダメージが大きいと思います。

 

EAの成績がバックテストの延長線上で行けるのであれば、
これほど楽なものはありませんが、
なかなかそれは難しいです。

 

EAを使用して勝てている人のやり方は、
複数のEAでポートフォリオを組んで運用するのが一般的です。

 

なんで複数のEAでポートフォリオを組むかと言うと、
優秀だと言われるEAでも、
バックテストの延長線上で資産曲線が続いていく事は難しいとわかっているからです。

 

まとめ

提示されているデータを見ると優秀そうなEAですので、
資金に余裕がある方は導入してみるのも良いかもしれませんが、
EAの運用が初めての方は、
慎重に考えられた方が良いのではないかなと思います。

 

Master Piece FX

 

コメント

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss