カブコムAPI対応の自動売買ツールとkabu.com APIの解説

株・日経225

初めに

最初にauカブコム証券が提供しているkabu.com APIの解説を行います。

カブコムAPI対応の自動売買ツールは、
目次の「カブコムAPI対応の自動売買ツール」から紹介しています。

 

kabu.com APIとは

従来は、証券会社の提供するツールを介さなければ得られなかった個別株式や日経225先物の発注系、注文照会、残高照会、リアルタイム時価情報などに、カブドットコム証券が開発したAPIを通じて接続することで、証券会社やヘッジファンドなどの金融取引事業者にしか利用できなかった取引システムを、個人投資家も構築することが出来る仕組みが『kabu.com API』です。

※API(Application Programming Interface)とは、企業などの内部システムと外部のシステムが相互にやり取りし、必要とするサービスを構築する接続の仕組みのことを指します。

 

下の画の通り、APIを利用すれば独自の取引ツールも使用が可能ですし、システム開発会社や助言会社提供の取引ツール、自動売買システムを利用することが出来ます。

 

 

『kabu.com API』への独自開発の取引ツールの接続は、カブドットコム証券の口座を持つ法人に限られています。

個人投資家(個人口座)は、自ら開発した取引ツールを繋いで利用することは出来ませんが、システム開発会社や助言会社提供の取引ツール、自動売買システムを使用したり、それらの会社の中には、利用者がプログラミングを行なうなどによって独自の売買システムの構築が可能なサービスを提供している会社もありますので、個人投資家もそれらサービスを通じて『kabu.com API』の利用が可能です。

 

『kabu.com API』取引ツール、自動売買システムを提供するシステム開発会社、助言会社

オートマチックトレード株式会社

エクセレントホース株式会社

株式会社ゲイターズ

株式会社テラス

株式会社Smart Trade

株式会社サヤトレ

株式会社マルチウェーブ

株式会社サイトスコープ T++

有限会社ツクヨミ

 

また、取引が可能な金融商品は

株式(現物、信用)
日経225先物、日経225mini先物
TOPIX先物、ミニTOPIX先物
NYダウ先物
日経平均VI先物
TOPIX Core30先物
東証REIT指数先物
東証マザーズ指数先物
日経225オプション
JPX日経インデックス400先物

と多岐に渡っています。

 

各金融商品の情報を参考に、本命の金融商品を取引するというロジックも開発することが可能な環境が備わっている訳です。

 

また、2014年11月から投入された従来の10倍もの速度で約定が行える高速な発注基盤システム『RAIDEN』もAPIを通じて使用することが出来ます。

 

RAIDEN®と従来システムの性能比較


※RAIDEN®のデータは2017年9月1日計測

※1: 9時~15時の中央値 ※2: 9時00分03秒の1秒間

 

ヘッジファンドや外資系投資銀行、国内証券会社の自己売買部門などと勝負をする世界で、『kabu.com API』と高速・高性能な「RAIDEN®」は、無くてはならない存在と言って良いでしょう。

このようなAPIサービスですが、他に日本国内の証券会社で提供しているかと言えば、SBI証券が先物、オプションに限って提供しています。

 

主要ネット証券各社のAPI提供状況

 

米国では、投資信託を購入する投資家層の厚みもさることながら、会社勤めをする普通の人が、自ら学習し株式や先物などの金融商品に投資するという人の数は、日本のそれに比べて圧倒的に多いと言われています。

昨今では、プログラミングができる人口も増えておりAPIサービスを通じた金融商品の取引も活発になってきているようです。

日本でも特にFXにおいてMT4を使用する投資家の数は年を追うごとに増えています。

今後は、FXだけでなく、株式、先物と、プログラムを使った取引を行なう投資家人口の拡大は間違いないでしょう。

プログラミングを仕事にしている方、また、勉強してやってみようという投資家の方は、投資で成功を収めるという意味で、そうでない方に比べ、何歩もリードしていると言って間違いないのではないでしょうか。

 

カブコムAPI対応の自動売買ツール

GatorsRobo 日経225先物自動売買

GatorsRobo 日経225先物自動売買自動売買専業トレーダーが開発した、本気で勝つための自動売買ロボット | GogoJungle
自動売買専業トレーダーが開発した、本気で勝つための自動売買ロボット自動売買専業トレーダーが開発した、本気で勝つための自動売買ロボット | GogoJungle

 

カブドットコムAPI接続で証券会社の取引サーバーとオンラインで接続

自動売買専業トレーダーが開発した、本気で勝つための自動売買ロボット

 

GatorsRoboでおこなう自動売買とは

 

GatorsRoboは日経225先物を中心とした株価指数先物をすべて自動で行うために専用設計された自動売買ロボットです。

※日経225先物・日経225mini・TOPIX先物・ミニTOPIX先物・JPX日経400先物の取引か可能です。

個人投資家が株や先物などの取引で利益を上げるには、様々な相場情報を手に入れて自分なりに予測を立ててトレードを行うわけですが、多くの個人投資家はなかなか利益を上げることができません。

相場を予測することが難しいのはもちろんですが、手動で行う取引では個人的な感情がどうしても入ってしまい、取引の判断がぶれてしまうことが多くあることも原因です。

こういった感情を排除して、事前に決められたルール通りに自動で取引を行うのが自動売買です。

 

自動売買のメリットは大きく分けて以下の4点になります。

取引のすべてを自動化しますので、感情に左右されず客観的な取引を行えます。

取引ごとに自分て判断を行う必要がありません。

値動きに合わせて自動的に利食いやロスカットを行います。

すべての動きは自動化されていますので、パソコンの前にいる必要がありません。

 

様々な機能

夜間の取引終了時まで自動売買が可能

夜間の取引時間は、欧州市場・米国市場と取引時間が重なるために比較的値動きが大きくチャンスが多くありますが、手動注文では深夜のトレードを継続することは困難です。

GatorsRoboは対応銘柄の全取引時間に対応していますので、利用者がお休み中でも自動で売買を行います。

 

スイングトレードも可能

取引時間延長により、従来はリスクの多かったオーバーナイトトレードも
ナイトセッションでのロスカットをおくことによりリスクをある程度抑えたトレードが可能になりました。

GatorsRoboは建玉を翌日まで持ち越すといったオーバーナイトを伴ったスイングトレードも可能です。

 

メジャーSQ前日の限月自動乗り換え(ロールオーバー)機能

スイングトレードを行っている場合、メジャーSQ日前日の大引けで建玉を持ち越すと、
その後建玉は拘束され自動的に翌日のSQ値で清算されるため、ポジションの継続が出来ません。

GatorsRoboは、メジャーSQ前日に次限月への乗り換え(ロールオーバー)を自動で機能を搭載しているためメジャーSQ日をまたいでもポジションの継続保有が可能です。

 

任意での注文との併用が可能

GatorsRoboから行われた新規注文に対し、ご自身で行う
証券会社の任意での注文(逆指値・W指値・±指値・時間指定注文・など)との併用が可能です。

GatorsRoboからの返済注文に際に、未約定の任意注文がある場合はその注文を自動的に取消し、返済を行います。

 

寄り付き前・大引けでの注文が可能

デイトレードでスリッページが確実にないのは寄付きと引けのみです。

GatorsRoboは事前にサインが確定している場合には寄付き前注文が可能です。

設定した時間にGatorsRoboが寄付き前注文を行います。

また、大引け前の引成注文や不成注文も可能です。

 

複数の主要分足に対応

トレーダーによってチャートソフトなどで普段から慣れ親しんだ分足の間隔はさまざまです。

この分足の選択によってはトレードルールの特性も変わります。

GatorsRoboは、3分・5分・10分・15分・20分・30分・60分の一般的に使われる主要分足7種類全てに対応していますので、
ご自身の戦略に合わせた最適な分足を選択し、トレードルールを構築できます。

また、ラージ・ミニのデータを選択して使用できます。

 

ミニの限月は常に自動で中心限月を選択

ラージの取引限月は4種類ですが、ミニの場合ひと月ごとに最大7種類の限月に分かれます。

取引の中心限月はラージの場合は期近ですが、ミニの場合はそうとは限りません。

ミニでの取引を行う場合、GatorsRoboは自動的にラージの期近と同じ限月を選択する様プログラムされており、
常に一番活発に取引されている中心限月で取引をおこないます。

 

指定のメールアドレスに動作状況を自動で送信

自動売買を行う大きなメリットは時間の自由度が高いということです。

このため仕事を持ちながら取引を行っている利用者の多くいらっしゃいます。

GatorsRoboには動作状況のメール送信機能を搭載しており随時動作を指定のメールアドレスに自動で送信するため外出中も安心です。

自動送信するメールの内容は「動作報告」「注文報告」「エラー・注意喚起」の3種類から一部のみを選択することも可能です。

 

サブデータとして各主要指標を自動取り込み

日本の金融市場はは世界のマーケットと密接な関係があります。

システムトレードでは取引する銘柄以外の指標を動向を見ながらシグナルを判定することが優位性につながります。

GatorsRoboは世界と日本の主要指標(日足)をサブデータとして取り込むことができるため、トレードロジックの幅が大きく広がります。

【現在対応可能な指標】
  • NYダウ
  • NASDAQ総合
  • S&P500
  • フランクフルト DAX
  • CME日経225先物:円建て
  • CME日経225先物:ドル建て
  • 日経225先物 日中
  • 日経225先物 終日
  • 日経225先物 取引日区切り
  • TOPIX先物 日中
  • TOPIX先物 終日
  • TOPIX先物 取引日区切り
  • 取引所FX ドル円
  • 取引所FX ユーロ円

 

その他詳細は、
商品ページをご確認下さい。

 

GatorsRobo 日経225先物自動売買自動売買専業トレーダーが開発した、本気で勝つための自動売買ロボット | GogoJungle
自動売買専業トレーダーが開発した、本気で勝つための自動売買ロボット自動売買専業トレーダーが開発した、本気で勝つための自動売買ロボット | GogoJungle

 

コメント

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss