エリオット波動の目標値がわかるMT4のインジケータ

ダウ理論、エリオット波動、フィボナッチ

ダウ理論、エリオット波動、フィボナッチリトレースメント・・・・

トレードを勉強している方は、必ず目にするワードであり、
トレードに活かせるのかどうか、
検証を試みたことが必ずやあるテクニカル分析ではないでしょうか。

 

まずはその来歴や使われ方を簡単に見ていきたいと思います。

 

ダウ理論とは

ダウ理論なくして相場は語れないとまで言われる、テクニカル分析の基本です。

19世紀に「チャールズ・ダウ」の提唱した市場での値動きを評価するための理論で、
以下の6つの基本法則から成り立っています。

1)平均はすべての事象を織り込む
  -経済指標や自然災害などの予測不可能な事象に至るまで、あらゆる事象はすべて市場価格に織り込まれるという考え。
2)トレンドには3種類ある
 -1.主要トレンド:1年~数年のサイクル
 -2.二次トレンド:3週間~3か月のサイクル
 -3.小トレンド:3週間未満のサイクル

3)主要トレンドは3段階からなる
 -1.先行期
 -2. 追随期
 -3.利食い期

4)平均は相互に確認されなければならない
5)トレンドは出来高でも確認されなければならない
6)トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

 

そして、このダウ理論をさらに発展させたのが、
ラルフ・ネルソン・エリオットが提唱した、
株式投資のテクニカル理論である「エリオット波動」です。

現在では為替のチャート分析にもよく用いられるテクニカル分析です。

 

エリオット波動の理論

◆ひとつの相場には、「上昇5波動」と「下降3波動(A,B,C)」が存在する

◆上昇第3波動が最短になることはない

◆波動2が波動1の起点を下回らない

◆波動4が波動1の高値を割り込まない

◆上昇5波は通常第3波よりも高くなるが、第3波を超えられずに下回る場合があり、これをフェイラーといって相場の転換点となる可能性が高くなる

◆トレンドの勢いが強い場合は上昇5波を超えて波動が描かれることがあり、これをエクステンションと呼ぶ

 

といったものがあります。

エリオット波動は「フラクタル(自己相似集合)」になっており、
一つの大きな波動の中に小さなトレンドのサイクルが描かれるという特徴をもっています。

また、エリオット波動には波の「パターン(フォーメーション)」がいくつもあり、相場の転換点によくみられます。

よく聞く「ダブルトップ」「ヘッド・アンド・ショルダー」というのはエリオット波動理論における相場の転換点で現れるパターンとなります。

さらに、では、そのエリオット波動の3波、5派はどこまで進むのか、や、
波の押し目はどこまで押すのかを測るのに利用するのが「フィボナッチ・リトレースメント」です。

 

エリオット波動第1波の「戻し」のルール

上昇第1波が終わり、次の上昇3波を狙いたい場合、調整2波の押し目をどこで拾うべきなのか?

という問題がありますが、エリオット波動のルールは第2派の安値が第1波の起点(安値)を割らないことである。

とありますが、ではどれくらいの割合かというと、
フィボナッチ・リトレースメント38.2%以上~100%未満
であれば「押し」の範囲となるでしょう。

逆に38.2%未満であれば第一波の延長としてカウントすべきです。

 

エリオット波動第3波はどこまで伸びる?

「追随期」である「第3波」はどこまで伸びるのかというと、
第1波の1.618倍、2.618倍、3倍を第2派の終了点とすることが多いようです。


▲第3派がエクステンションして第1派の長さの3倍まで伸びた例

 

エリオット波動の問題点

これまでの例を見てみると、「第1波」をとらえて、第3派を狙えば楽勝!と思うかと思いますが、

・人によって波の解釈が異なる(高値、安値の定義)

・時間軸によって波のカウントが異なる

・理論通りにいかないことも多々ある

・覚えることが多くてパターンを見落としてしまう

という難点もあり、エリオット波動を上手く活用できている方も少ないのではないかと思います。

 

しかし、「あらかじめ目標値が(だいたい)わかる」というのはとても魅力的です。

トレードのエントリーと利確、損切り根拠にも活用できるので、
ものにしたいという方も多いでしょう。

 

GogoJungleに数あるインジケーターでも、これぞ、というものは多くはありませんが、
欲しい方には「まさに!コレが!欲しかった!!」と思われるかもしれないものを紹介したいと思います。

 

エリオット波動の目標レートを割り出す”相場の原理原則”

相場の原理原則裁量トレーダーのために生まれた相場の原理原則のインジケーター | GogoJungle
裁量トレーダーのために生まれた相場の原理原則のインジケーター裁量トレーダーのために生まれた相場の原理原則のインジケーター | GogoJungle

 

「相場の原理原則」は自分で波動をカウントする必要がありますが、
その波動に対しての目標レートや押し戻り水準を自動で表示してくれるため、
戦略を立ててトレードがしやすくなります。

また、EAなのでエントリー、決済機能がついているところも◎。

ライントレーダーの方にもおすすめのツールです。

 

相場の原理原則の機能

1 エリオット波動の波動をユーザーの任意の操作により表示

2 波動表示後、エリオット波動の目標レートを自動で表示

3 波動表示後、エリオット波動の押し戻り水準を自動で表示

4 フラッグ、ペナント、レンジ、三角持合いの目標レートをユーザーの任意の操作により表示

5 任意の操作により、トレンドライン及び水平線のブレイクとタッチを検知し矢印表示

6 矢印表示を知らせるメール送信機能を装備

 

相場の原理原則は、レンジとブレイクの繰り返し

相場は、ブレイクとレンジを繰り返しながら、上下していくという原理原則があります。

そこで裁量トレーダーは、どう対処していけばいいのでしょうか?

下げ止まりが予想されるポイントで逆張りをしたり、ブレイクしたら乗っかる。これだけです。

むずかしく考えることではありません。

相場は、複雑に動いているように見えますが、実は非常に規則的な動きをします。

例えば、フラッグはその傾きにより、上にブレイクするか下にブレイクするかの確率が分かることで有名です。

下向きフラッグは上にブレイクする確率が高く、上向きフラッグは下にブレイクする確率が高い。

頭では分かっているが、そこまでチャートを見ることが出来ない。

そう思われる方も多いでしょう。

しかし、インジケーターの「相場の原理原則」を使えば、
MT4に標準装備されているトレンドラインや水平線を使って、
トレンドラインや水平線のブレイク、タッチを検知することができるため、
メール送信機能を使ってチャートに張り付くことなくトレードチャンスを捉えることが可能です。

 

特典のProEX-masterについて

これだけの装備があれば、裁量トレーダーとして、
一貫性のある手法で戦えると思いますが、
今回はさらにFXmt様(https://fxmt.co/)の協力を得て、
ProEX※の機能を限定したバージョン(ProEX-master)を特典としてお付けさせていただきます。

このProEX-masterは、相場の原理原則の特典用の限定モデルであり、
ProEX※が基本設計となっています。

PreEXは、エグジットに特化したEAという非常に独創的かつ画期的なアイデアが詰まったEAであり、多くのユーザーから非常に高い評価を得ています。

自身もFXのトレーダーであるEA開発者が、裁量トレーダーの目線で「あったらいいな」「便利だな」という機能をそのまま具現化し続けていた結果、トレーダー目線のシンプルな操作性で、トレードの成否を決めるエグジットを自動化するものに仕上がっています。

相場の原理原則でエントリーチャンスを戦略的に絞り、エントリー後は、ProEXでエグジットを自動化し、本能の入る余地をなくす。

これで、明日からトレーダーとして生まれ変わっていきましょう。

※株式会社Alat’zから特別に許可を頂き、特許取得している「Cyborgシステム」のProEXを元にした限定バージョンを特典としています。受け渡し方法については、購入後、メールで伝達いたします。

 

ProEXの完全版はこちら

ProEX 評判・レビュー
ProEX ProEX ProEXはMT4の決済を任意の設定で自動化するツールです。 様々な機能が盛り込まれており、 組み合わせ次第で様々な使用方法が可能になります。 評価の方も非常に高く、 ...

 

相場の原理原則裁量トレーダーのために生まれた相場の原理原則のインジケーター | GogoJungle
裁量トレーダーのために生まれた相場の原理原則のインジケーター裁量トレーダーのために生まれた相場の原理原則のインジケーター | GogoJungle

 

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss