松田和也(トレーダー和也)のQuartet Technic Academy(カルテット・テクニック・アカデミー)

FXマニュアル

トレーダー和也監督 Quartet Technic Academy(カルテット・テクニック・アカデミー)

トレーダー和也監督 Quartet Technic Academy(カルテット・テクニック・アカデミー)

 

カルテット・テクニック・アカデミーは
FXトレードのコンサル等を行っているトレーダー
松田和也(トレーダー和也)さんのFXトレード教材です。

 

松田和也(トレーダー和也)のプロフィール

元ホームレスのFXトレーダー。

投資分野(主にFX)でコンサルや勉強会をスタートして今年で5年目。

対面形式での指導はおよそ550名。
(2019年10月末時点)

《スカイプやメールでの相談者を含めると2000名以上》

 

トレード講師として精力的に活動しており、
オンラインセミナー、個別勉強会、
国内合宿、海外研修、オフ会等、
様々な形でトレード講師の活動を行っています。

 

またメディアへの出演や、書籍の出版なども行っており、
講師としてのレベルの高さが伺えます。

 

トレーダー和也が教える手法について

本教材で学ぶトレードスタイルは、
スキャルピングです。

 

多くの教え子を指導していく過程、および自分の経験から、
初心者にとって、最も安全で勝率の高い手法は

スキャルピング

であると確信しています。

 

スキャルピングとは、数秒~数分でエントリー&決済を行う超短期のFXトレード手法です。

多くの方は1日の間にエントリー&決済を行うデイトレード、
もしくは、数日~数週間の相場から利益を狙うスイングトレードを行っているかと思います。

私はデイトレやスイングなどで1回で100pips狙うよりは、
10pipsを10回取って、100pipsを狙う方がよりリスクが少なく、
このラインをクリアできる確率の方が遥かに高いと考えています。

 

スキャルピングをオススメする理由

 

先程もお伝えしたように、
スキャルピングとは、数pips~10pips程度の小さい利幅を狙って、
数秒~数分でエントリー&決済を行う超短期売買です。

したがって、そもそもデイトレやスイングのように
ポジション保有する期間が非常に短いのです。

デイトレやスイングの場合、どうしても一定期間ポジションを保有するため、
ファンダメンタルズの影響で、
想定していない方向に大きく動いてしまったりと、
様々なリスクが生じてしまいます。

逆にスキャルピングは長期でポジションを持ちませんので、
よほどのことが無い限り、大きな損失を生むことはありません。

もちろん1回のトレードで取れる利幅が少ないというのもありますが、
逆に1回のトレードでの損失も少ないため、非常にリスクが限定的です。

また、数秒~数分でエントリー&決済を行いますので、当然ながら結果はすぐに分かります。

デイトレやスイングのように数時間~数日待つようなこともありません。

すぐに結果が出ますし、
翌日にポジションを持ち越してヒヤヒヤするなんてことも一切ありません。

初心者の方には、精神的(メンタル面)でも、
ストレスを最小限に抑えられる手法だと言えます。

 

使用するテクニカル

 

 

あらゆる相場状況にも対応できるように
4つの手法(カルテット・テクニック)に分かれています

 

2018年の成績

 

トレーダー和也監督 Quartet Technic Academy(カルテット・テクニック・アカデミー)

 

コメント

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss