だれでもシグナルツールが作れるアプリ 
詳細はこちら

自作EAの勝率・成績を向上させる方法

EA

EXCEL VBA

EXCEL VBAによるEAの高利益化ツール既存のEAの利益を向上させるため、EXCELのVBAを利用して、フィルタの選択、パラメータの値の最適化を行うツール | GogoJungle
既存のEAの利益を向上させるため、EXCELのVBAを利用して、フィルタの選択、パラメータの値の最適化を行うツール既存のEAの利益を向上させるため、EXCELのVBAを利用して、フィルタの選択、パラメータの値の最適化を行うツール | GogoJungle

 

上記ツールはEXCELのVBAを利用して、
フィルタの選択、パラメータの値の最適化を行い、
EAの成績を向上させるツールです。

 

フィルタを入れる前
純益:4,839 PF:1.13 取引数:7,656 最大ドローダウン:928(6.69%) 勝率:70.56%

 

フィルタを入れた後
純益:6,205 PF:1.38 取引数:3,415 最大ドローダウン:460(3.05%) 勝率:72.24%

 

最近ではEA作成ソフト等で、
EAを自作されている方も多くいますが、
自作EAの最適化で成績を向上させるのに便利なツールです。

 

 

ツールの概要

既存のEAを走らせて得られたエントリ時間をもとに、
そのエントリ時間でのテクニカルデータを専用の情報収集EAにて収集し、
EXCELでそれらの情報を開き、VBAにより解析して、
最適フィルタを見つけて、最適化します。

 

情報収集EAには150個のテクニカルデータの値が
取得できるようプログラムされてます。

テクニカルデータもいろいろな種類のデータをEXCELの相関分析を利用して、
2000個近いデータから選択したものです。

現時点での最適だと考えているものです。

 

どのテクニカルデータをフィルターとして使えばいいか?

そのパラメータをいくつに設定すればいいか?

を判断するために、EXCEL VBAを利用して、
自動的にPF、総利益、トレード回数が計算されて表示されるようにしてあります。

 

EXCEL VBAによるEAの高利益化ツール既存のEAの利益を向上させるため、EXCELのVBAを利用して、フィルタの選択、パラメータの値の最適化を行うツール | GogoJungle
既存のEAの利益を向上させるため、EXCELのVBAを利用して、フィルタの選択、パラメータの値の最適化を行うツール既存のEAの利益を向上させるため、EXCELのVBAを利用して、フィルタの選択、パラメータの値の最適化を行うツール | GogoJungle

 

【無料EA】コピートレードEAの無料配布! MT4・MT5に対応!

当コピートレードEAの特徴としてはサーバー型になりますのでMT5で送信しMT4で受信するといった使い方ができる他、同一のPC環境で行う必要がございません。

無料のコピートレードEAの詳細はこちらをクリック!

FXのキャッシュバックプログラムの始め方【CFD他全てに対応】

FX取引におけるリベートのキャッシュバックプログラムの紹介記事です。

リベートキャッシュバックの詳細はこちらをクリック!

追証なし!海外FX口座について

・追証なしの0カットサービス

海外FX口座は基本的にどの業者も追証なしの0カットサービスを導入していますので、相場が急変して大きな損失を被っても追証が請求される事がありませんので安心です。

・大きいレバレッジ

海外FX口座はレバレッジが大きいのが特徴で、レバレッジ100倍から無制限と様々あります。

レバレッジが大きいと少額の証拠金からでもトレードできるので、資金効率が良くなります。

・国内口座と同等以下のコスト

一般的には海外FX口座は国内FX口座よりもコストが大きいと思われていますが、海外FX口座のキャッシュバックを利用する事により国内口座と同等以下のコストで利用が可能です。

海外FX口座のキャッシュバックについては、こちらを参照して下さい。

・登録ボーナスと入金ボーナスの、ボーナス2重取りができる

海外FX口座では登録ボーナスと入金ボーナスの、ボーナス2重取りができる口座があります。

この2重のボーナスを利用する事により、より多くの証拠金でトレードが可能になります。

ボーナス2重取りができる対象口座は、こちらを参照して下さい。

・取り扱い銘柄が豊富

海外FX口座での取り扱い銘柄は為替だけではなく、CFDや仮想通貨等、様々あり、より多くのチャンスを見つける事が可能です。

 

レビュー・口コミ投稿フォーム

レビュー・口コミは下記フォームより行えます。

EA
EA FX レビューと検証

レビュー・口コミ 名前とメールは空欄でも投稿できます