クローラ / CRAWLER audjpy

EA

クローラ / CRAWLER audjpy

クローラ / CRAWLER audjpy
?|?fx-on.com

 

クローラ / CRAWLER audjpyはAUDJPY用の、
スキャル~デイトレードEAです。

クローラ / CRAWLER audjpyはオンラインの情報をクローリングし、
現在の為替・経済・マーケットの情報を取得し、
EAのロジックに取り込んでいます。

 

EA基本情報

通貨ペア
[AUD/JPY]

取引スタイル
[スキャルピング]
[デイトレード]

最大ポジション数
1

運用タイプ
1枚運用

最大ロット数
100その他: 自由に設定可

使用時間足
M15

最大ストップロス
18その他: 内部ロジックによる決済

テイクプロフィット
20その他: 内部ロジックによる決済

両建て
なし

ゴゴジャンのEAの基本情報「ストラテジーについて」の見方
ゴゴジャンに登録されているEAの、 EAの基本情報「ストラテジーについて」の 見方を説明します。 例:コペルニクス・ベーシックUSDJPY版 例:一本勝ち 「ストラテジーについて」の見方 通貨...

 

オンラインの情報をクローリングし、情報をEAに取り込むシステム

EAとは、そもそもテクニカル分析を用いた予想売買プログラムであり、
テクニカル・インジケーターによる手法は、
あくまで過去の統計上の傾向から予想することしかできませんでした。

なので、現在のマーケットの経済状態を全く無視した売買を行いますので、
どんなに優秀はプログラムだったとしても、
その予想による勝率は、(利確・SLが同程度の場合)
55%前後が現実ラインになるかと思います。

また、過去の傾向によりロジックを構築しますので、
どうしても、同じ相場傾向であれば『調子がいい』、
相場が変われば『調子が悪くなった』『使えなくなった』
ということが起こります。

これは1ヶ月〜半年くらいの間で必ず起こる現象であり、
EAの宿命でもありました。

このようなEAのデメリットを排除し、
MT4で使える自動売買のプログラムでは難しかった

オンラインの情報をクローリングし、
現在の為替・経済・マーケットの情報を取得し、
EAに取り込むシステムを実現しました

相場波形のパターンにあてはめる予想とは全く異なるトレードを行いますので、
『調子がいい』/『調子が悪くなった』という概念がありません。

 

取引の特徴

株価連動

日経平均・NYダウの増減を察知し、エントリー・クローズをおこないます。

 

ショート/ロング優勢把握

相場の上下は、ショートとロングどちらかが優勢になった時点で動きます。

拮抗している時(様子見ムードの時)にはエントリーせず待機し、
瞬間的な優勢をキャッチしたときにエントリーをおこないます。

相場の活況具合により、1日に数回以上エントリーすることもあれば、
エントリーしない日もあります。

 

オプション把握

マーケットの利食い、ストップ、指値、逆指値の量とポイントを把握し、
そのポイントにてエントリーします。

ポジション保有中の場合には、ポイントを活用し、
利確ポイントと、SLポイントを見極めます。

 

クローラ / CRAWLER audjpy
?|?fx-on.com

 

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss