お座敷ダイヤモンド EA 検証

お座敷ダイヤモンド EA 検証

お座敷ダイヤモンド
超高頻度トレードでダイヤモンドラッシュ!
超高頻度トレードでダイヤモンドラッシュ!?|?fx-on.com

 

 

年間トレード回数1000回以上!

最大保有ポジション3で年間1000pips級の
『お座敷ダイヤモンド』

 

【お座敷ダイヤモンド 概要】

通貨ペア:[USD/JPY]
取引スタイル:[スキャルピング]
最大ポジション数:3
使用時間足:M5
最大ストップロス:0その他:自動決済。設定可能
テイクプロフィット:0その他:自動決済

 

まだフォワード稼働が短いので微マイナスになっていますが
そのポテンシャルは?

バックテストから探ってみましょう。

 

■バックテスト分析

約12年のバックテストにおいて

0.1ロット固定
スプレッド0.5
総取引回数 13160回(年間1000回以上)
最大ドローダウン 485ドル
純益 +11488ドル
平均獲得pips 5.4pips
平均損失pips -8.2pips
勝率66%

となっています。

 

【月間損益】

8月が少し弱いようですが年間を通してマイナスの年がありません

 

【年間損益】

2007年は10月以降、2018年は7月までの途中になっています。

年間を通して最も利益が良かったのは2008年でした。

激しい相場のほうが利益を上げやすい傾向があるようです。

年間を通して1000回以上トレードがあり、
過去10年における0.1ロットあたりの年間平均獲得額は1097ドル、
直近5年の年間平均獲得額は787ドルとなりました。

最大5ポジションを持ちますので、
0.1ロットあたりの推奨証拠金は

(4.5*3)+(4.5*2)=22.5

22.5万円あたり0.1ロットの運用が可能です。

その場合の平均年利は過去5年のバックテストで35%

過去10年では48%となります。

 

◆ストップロスが0(ロジック決済)の利点

ストップロスが0というのが気になる方もいるかもしれませんね。

SLが狭い場合、ロールオーバーや月曜窓開けの際にスプレッドが広がってSLに引っかかってしまうということが多々あります。

俗にいうストップ狩りです。

なのでストップ狩りにあわないために、あえてSLをロジック決済にしているEAもあります。

もしストップロスが入っていないと不安だ・・・という方は、
パラメーターで設定可能なので、
過去のバックテストからみて100pips~150pipsの間で入れておけば

何かあったときでも問題ないでしょう。

実際にはロジック決済での最大損切は100pipsほどになっています。

 

■トレード例

赤:SELL

水色:BUY

基本的に順張りで、
売り上がり、買い下がりをして最大同時3ポジションを持ちます。

安値更新で売り、高値更新で買いをするので裁量トレードに近く、見ていて安心のできるトレードです。

平均獲得pipsが5pips程度ですので、スプレッドの狭い口座のほうが有利です。

取引回数の多いEAを好む方に、オススメです!

 

お座敷ダイヤモンド
超高頻度トレードでダイヤモンドラッシュ!
超高頻度トレードでダイヤモンドラッシュ!?|?fx-on.com

 

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss