Multi Time Score 5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足で動作するMT4専用のサインインジケーター

インジケーター
商品ページ

Multi Time Scoreマルチタイムフレーム分析による点数評価を行い、時間軸ごとに重要度を指定しロングかショートかを判断し売買サインを表示するサインインジケーター。 | GogoJungle
マルチタイムフレーム分析による点数評価を行い、時間軸ごとに重要度を指定しロングかショートかを判断し売買サインを表示するサインインジケーター。マルチタイムフレーム分析による点数評価を行い、時間軸ごとに重要度を指定しロングかショートかを判断し売買サインを表示するサインインジケーター。 | GogoJungle

 

【インジケーターの説明】
このインジケーターMulti Time Score(マルチタイムスコア)は、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足で動作するMT4専用のサインインジケーターです。

マルチタイムフレーム分析による総合評価値を数値化して売買サインを出します。
5分足、15分足、1時間足、4時間足、日足、週足に対し、それぞれ重要度を入力することで、現在の相場がロング優勢なのかショート優勢なのかを点数で表します。

マルチタイムフレーム分析のイメージ図

売買サインは上昇時に赤の↑矢印、下落時は青の↓矢印が表示されます。

通常、マルチタイムフレーム分析では、上位足である日足、週足に重点を置き、下位足である5分足や1時間足は重要としません。
このインジケーターは、デフォルト設定では、5分足⇒重要度1、15分足⇒重要度2、1時間足⇒重要度4、4時間足⇒重要度7、日足⇒重要度9、週足⇒重要度10とし、
上位足ほど数字を大きくして重要度を上げています。

デフォルト設定では「USD/JPY」に最適化しておりますが、設定を変えることで「GBP/JPY」「EUR/JPY」「AUD/JPY」などのクロス円通貨全般にも対応できます。

デフォルトのチャートサイズだとバーの間隔が狭く矢印が重なりますので、チャート画面上で右クリックしてズームインしてチャートを拡大することで、矢印が見やすくなります。
別の時間足に切り替えると、チャート上に表示されていた過去の売買サインは消えます。

■動作環境
・MT4の5分足~4時間足チャートで動作します。
・すべての通貨ペアで動作します。

【サインの点灯する時間帯】
24時間いつでもロングかショートの優勢な方向に矢印サインが出ます。
ただし、優位性のある時間帯は日本時間の14時前後から24時前後までの時間です。
それ以外の時間帯ではロジックの優位性はありません。
エントリーの傾向として評価値がプラス域でロング、マイナス域でショートのサインが出ます。
パラメーター及びロジックの詳細に関しては非公開となりますが、何本分のローソク足データを拾うか指定できます。(範囲10~100)
デフォルトでは各時間足で20本分のローソク足のデータを収集し、現在の価格が高値付近の時はプラス判定、反対に現在の価格が安値付近にある時はマイナス判定とします。
それぞれの評価値に対し重要度をかけて、平均化した値が総合評価値となり、この値がマイナスの時はショート、プラスの時はロングの矢印サインを出します。

基本的にチャートの時間軸を切り替えても表示されるサインには差はありません。
俊敏さを重視される方は5分足で、ゆったりとしたトレードを希望される方は1時間足か4時間足チャートでの使用をオススメします。

【ロジックの説明】
このインジケーターは、トレンド相場に対し順張りでトレードするレンジブレイク狙いのインジケーターです。
上昇トレンドの局面では高値を切り上げて上昇することから、高値付近ではロングのサインが出るようにロジックを組んでいます。
反対に、下降トレンドでは安値を切り下げるので、安値付近ではマイナスの評価値を付けて、ショートのサインが出るよう調整しています。

通常マルチタイムフレーム分析にはMTF移動平均線(複数時間軸マルチタイムフレーム)を使用することが多いです。
MTF移動平均線は、チャートの時間軸を切り替えることなく、一つのチャートで上位時間軸の移動平均線を確認できますが、他のテクニカル指標とセットで使うことが前提となります。
Multi Time Score(マルチタイムスコア)はMTF移動平均は使用せず、各時間足の高値安値と現在値の比較で売買判定しておりますので、他の指標を使用せずとも、単独での売買判定が可能となっております。

デフォルト設定では、日足週足で強い上昇トレンドが発生した時は、ロング方向にサインが出るように設定してあります。
下落の場合も同様に、日足週足に重点を置きます。
総合評価値がゼロ以下でショートのサインが出ます。
ロングに関しては、感度の調節 (範囲10~30)ができ、判定値がこの値より上の時にロングサインが出ます。

レンジブレイクやトレンドフォローの手法となることから、レンジ相場は苦手とします。

したがって、レンジ相場では連敗する傾向にありますが、トレンドの初動をつかむことに特化しているので、大きなトレンドが発生した時は大きく利益を出すことができます。
参考までに、この手法をEA化してバックテストを取ったところ、勝率は4割程度ですが、リスクリワード比は2対1以上となることから、トータルでは勝てます。

【EA版】Bear Hands(ベアーハンズ)のバックテスト結果

【EA版】Bear Hands(ベアーハンズ)の紹介

Bear Hands(ベアーハンズ)は、本インジケーターMulti Time Score(マルチタイムスコア)のロジックを採用したEAです。

■【EA説明のページ】
https://www.gogojungle.co.jp/systemtrade/fx/48810

Bear Hands(ベアーハンズ)は自動売買プログラムとなります。
Multi Time Score(マルチタイムスコア)と同じロジックとなりますので、バックテスト用として、或いは相場の急変動時だけ動かすEAとしてご利用いただければ幸いです。

【対応FX会社】
MT4のEAが動くすべてのサーバー
他GMT+2(冬)/+3(夏)のブローカーに対応

 

商品ページ

Multi Time Scoreマルチタイムフレーム分析による点数評価を行い、時間軸ごとに重要度を指定しロングかショートかを判断し売買サインを表示するサインインジケーター。 | GogoJungle
マルチタイムフレーム分析による点数評価を行い、時間軸ごとに重要度を指定しロングかショートかを判断し売買サインを表示するサインインジケーター。マルチタイムフレーム分析による点数評価を行い、時間軸ごとに重要度を指定しロングかショートかを判断し売買サインを表示するサインインジケーター。 | GogoJungle

 

 

レビュー・口コミ投稿フォーム

レビュー・口コミは下記フォームより行えます。
悪口に聞こえる場合は、削除させて頂きます。

レビュー・口コミ 名前とメールは空欄でも投稿できます

【無料EA】コピートレードEAの無料配布! MT4・MT5に対応!

当コピートレードEAの特徴としてはサーバー型になりますのでMT5で送信しMT4で受信するといった使い方ができる他、同一のPC環境で行う必要がございません。

無料のコピートレードEAの詳細はこちらをクリック!

FXのキャッシュバックプログラムの始め方【CFD他全てに対応】

FX取引におけるリベートのキャッシュバックプログラムの紹介記事です。

リベートキャッシュバックの詳細はこちらをクリック!

追証なし!海外FX口座について

・追証なしの0カットサービス

海外FX口座は基本的にどの業者も追証なしの0カットサービスを導入していますので、相場が急変して大きな損失を被っても追証が請求される事がありませんので安心です。

・大きいレバレッジ

海外FX口座はレバレッジが大きいのが特徴で、レバレッジ100倍から無制限と様々あります。

レバレッジが大きいと少額の証拠金からでもトレードできるので、資金効率が良くなります。

・国内口座と同等以下のコスト

一般的には海外FX口座は国内FX口座よりもコストが大きいと思われていますが、海外FX口座のキャッシュバックを利用する事により国内口座と同等以下のコストで利用が可能です。

海外FX口座のキャッシュバックについては、こちらを参照して下さい。

・登録ボーナスと入金ボーナスの、ボーナス2重取りができる

海外FX口座では登録ボーナスと入金ボーナスの、ボーナス2重取りができる口座があります。

この2重のボーナスを利用する事により、より多くの証拠金でトレードが可能になります。

ボーナス2重取りができる対象口座は、こちらを参照して下さい。

・取り扱い銘柄が豊富

海外FX口座での取り扱い銘柄は為替だけではなく、CFDや仮想通貨等、様々あり、より多くのチャンスを見つける事が可能です。