FX トレーダーの専業ロジック 5~10pipsの利益を積み上げる 無裁量のサインツール / シグルによりFXのスキャルピングやデイトレード手法でシステムトレード系の投資や副業として推奨

FX
商品ページ

FX トレーダーの専業ロジック 5~10pipsの利益を積み上げる 無裁量のサインツール / シグルによりFXのスキャルピングやデイトレード手法でシステムトレード系の投資や副業として推奨FXで勝ち続けるには鉄板のトレードルールを作ることが大切です。私はロジックを計算・検証を徹底的に重ねて、ようやく勝てるトレードルールを完成させました。 | GogoJungle
FXで勝ち続けるには鉄板のトレードルールを作ることが大切です。私はロジックを計算・検証を徹底的に重ねて、ようやく勝てるトレードルールを完成させました。FXで勝ち続けるには鉄板のトレードルールを作ることが大切です。私はロジックを計算・検証を徹底的に重ねて、ようやく勝てるトレードルールを完成させました。 | GogoJungle

 

『FXトレーダーの専業ロジック』のロジックは、1日のトレードを通して、1回当たり5~10pipsの利益を積み上げていく、トレンドフォロー系のトレード手法です。

単純なシグナル点灯でエントリーを行なうのではなく、チャート上に描写される複数のインジケーターの条件が整えばエントリーやエグジットを行います。従いまして無裁量・半シストレ系のシステムとなります。

大きな時間足(15分足)でトレンドを確認し、小さな時間足(1分足)でエントリーを行います。順張り系のスキャルピングですので、1回の利益は5~10pips程度ですが、15分足のトレンド条件が発生している場合に1分足でエントリーを行なうため、勝率も良く1日を通して利益は50~100pips程度を目指せます。

そもそも、FXはトレンドが発生している状態を的確に判断できるかが、スキャルピングでは重要です。5分足での判断早すぎますし、60分足では遅すぎます。15分足が最も適しています。

【トレード手法の特徴】

■15分足と1分足の組み合わせ

1つ目に、最もトレンドの判断に使いやすいのが15分足です。これを使えば、トレンド発生とレンジ相場が的確に把握することが可能になります。

2つ目に、大切な部分はエントリーするポイントです。これは1分足が最も適しています。押し目や戻り売りでエントリーを行なうこと = 十分に引き付けて最も良い部分でエントリーを行ないます。

このトレード方法だと勝率も良く、1回に5~10pipsの利益が積み上がります。また、損切りは15分足でトレンドが終息すれば直ぐに行います。これにより、無駄な損失が防げるのです。

■年間数百万円の利益

考えてみればスキャルピングのトレードはシンプルです。この方法で年間数百万円の利益をコツコツと積み上げていきました。

私自身はLIONFXやGMOFXなど様々なFX社を使用していますが、国内FXはスプレッドも狭く、スキャルピングに最適です。以前は1pipsや3pips程度の利益を相場から抜くようなトレードを行なっていました。

これでも、1日に20pips程度は得られるのですが、100万通貨で行っていたため、瞬時のリスク回避に集中が必要でした。また、100万通貨で1pips程度を何度も抜くとDMMFXから警告が来たことがあり、この方法は封印することにしました。

■1回に5~10pips程度=1日50pips

この3年間は15分チャートの流れに沿って、1分足でエントリーを行なうようになり、利確も5~10pipsと幅を利かせているため、問題なくトレードができて1日の利益も50pips程度と安定しています。

1時間当たりのエントリー回数は5回程度でしょうか、最大のポイントは動きのない場面ではトレードを行なわないようにしています。これにはあるテクニカルを使用して条件化しています。これだと、勝てる場面だけで集中してエントリーが行えるため確実です。

■勝率は安定したトレード

そもそも、FXで負ける人は四六時中トレードを行なっていることや曖昧なトレードルールを使っている人が多いです。
大切なことは15分足でトレンドを判断して、1分足でエントリーを行なうこと。そして、レンジ相場のような値動きのない場面でのトレードは避けることです。

これを徹底すれば、勝率も安定して勝ち越せて、1日の利益も積み上がり、一ヶ月で大幅に収益が増えていると思います。

シンプルなルールに思えますが、後で説明するインジケーターのビジュアル描写のおかげで、視覚的にタイミングを容易に判断できるようになります。また再現性も高く、初心者の方でも取り組みやすいため、結果を出しやすいです。

【独特なビジュアル描写で相場を把握】

■「メインチャート」と「サブインジケータ2種類」 

『FXトレーダーの専業ロジック』の一番の特徴は、テクニカルは2、3個とシンプルです。良くチャートに沢山のテクニカルを表示している人もいますが、数が多いほどトレードルールも複雑になり、エントリー回数も減ります。

テクニカルを2、3個にして、トレンドを把握するテクニカル、エントリーを決めるテクニカル、利確と損切りに使うテクニカルに絞ります。

そのためには、トレードルールに合う最適なテクニカルを使用します。このトレード手法では長年に渡って検証を重ねて辿り着いたインジケーターと設定値を使います。だからこそ安定して利益が積み上がるトレードルールなのです。

■エントリーポイント

全体の流れは15分足チャートを確認します。トレンド方向に沿って、1分足チャートで約5~10pipsの利確を目指します。

サブチャートではトレンドの終了やレンジ相場を見分けることが可能です。この部分では不要なエントリーは避けることができます。

約5~10pipsの利益を目指しますが、損切りも確実にするため、リスクも減ります。

【トレード収益】

『FXトレーダーの専業ロジック』の収益について、1日の流れを紹介します。

• トレード結果:7勝1敗=勝率87%
• 利益:56pips
• トレード時間:数時間程度
• 1回当たりの利確5~10pipsと損切り5pips以内

トレードを行う時間は15分足のトレンド条件が揃っている時です。夕方や夜は為替の値動きも活発で、この条件が多数揃っており、効率よくエントリーが行えます。

一方、早朝や日中はレンジ相場になりやすく、トレードが可能な条件がやや少なくなります。逆に言えば、不必要なエントリーを避けることができます。

また、スキャルピングですのでトレードに使用する通貨ペアはスプレッドが狭いことが大切です。

• USD/JPY・・0.3pips以内
• EUR/USD・・0.6pips以内
• その他の通貨ペア・・1.0pips以内

これらの通貨ペアであればトレードが可能です。下記は2LOTでの1カ月間の取引利益です。

【FXトレーダーの専業ロジック】

15分足でトレンドの方向性と強さを確認し、1分足のタイミングでエントリーを行います。

シンプルで王道的なロジックなので、十分相場に通用することが可能です。

■丁寧に解説されたマニュアル

丁寧に作られたマニュアルであり、前半はメタトレーダーのインストール・設定方法について、かなりの紙面を割いて説明してあります。始めてメタトレーダーを使う方でも迷うことはないでしょう。

『FXトレーダーの専業ロジック』のマニュアルはしっかりと章立てしてあり、随所に画像も入ってあり、複雑になりがちなルールも理解しやすいです。

また、トレードルールについての丁寧で詳しい説明があり、初心者の方は理解が深まるはずです。

1. ルールが明確で、比較的結果を出しやすい
2. 長期的に使える手法
3. 王道手法でスキャルピングに最適
4. 丁寧で理解しやすいマニュアル
5. インジケーターが分かりやすく便利

【結論】

『FXトレーダーの専業ロジック』はトレンドの中の押し目や戻しを狙うという手法で、正当(王道)なトレードですので、マスターすれば安定して利益を得ることが可能です。

スキャルピングといっても、逆張りではなく順張りがベースですので、勝率は良く、安定してトレードができます。トレードルールが明確で、慣れれば初心者でも比較的簡単に結果を出すことができて、トレードが楽しくなるはずです。

 

商品ページ

FX トレーダーの専業ロジック 5~10pipsの利益を積み上げる 無裁量のサインツール / シグルによりFXのスキャルピングやデイトレード手法でシステムトレード系の投資や副業として推奨FXで勝ち続けるには鉄板のトレードルールを作ることが大切です。私はロジックを計算・検証を徹底的に重ねて、ようやく勝てるトレードルールを完成させました。 | GogoJungle
FXで勝ち続けるには鉄板のトレードルールを作ることが大切です。私はロジックを計算・検証を徹底的に重ねて、ようやく勝てるトレードルールを完成させました。FXで勝ち続けるには鉄板のトレードルールを作ることが大切です。私はロジックを計算・検証を徹底的に重ねて、ようやく勝てるトレードルールを完成させました。 | GogoJungle

 

レビュー・口コミ 名前とメールは空欄でも投稿できます