ピンバー/合成ピンバーサインツール レビュー

インジケーター

ピンバー/合成ピンバーサインツール

商品ページ

ピンバー/合成ピンバーサインツールピンバーと合成ピンバーをサインでお知らせ スマホへの通知でチャンスを逃さない! | GogoJungle
ピンバーと合成ピンバーをサインでお知らせ スマホへの通知でチャンスを逃さない!ピンバーと合成ピンバーをサインでお知らせ スマホへの通知でチャンスを逃さない! | GogoJungle

 

ピンバーと合成ピンバーをサインでお知らせ スマホへの通知でチャンスを逃さない!

 

ツールの主な機能

ローソク足1本のピンバーの検知、サイン表示

ローソク足2本を使った合成ピンバーの検知、サイン表示

MAとストキャスティクスを使用したロジックによるフィルター機能(ON/OFF可能)

ピンバー検知時にスマホ用MT4への通知機能

 

サインは売買サインとしても使えます。

ピンク矢印が買いサイン、水色矢印が売りサイン。

塗りつぶしの矢印が単体ピンバー、枠線の矢印が合成ピンバーのサイン。

 

ピンバー、合成ピンバーとは?

ピンバー(Pinbar)とは、プライスアクションの1つで、「ヒゲの長さ>実体」のローソク足のことです。

左が買いのピンバー、右が売りのピンバーです。

合成ピンバーとは、「2本のローソク足を合わせた時に出るピンバー」です。

一般的にはリバーサルハイ、リバーサルローと呼ばれていますが、ここでは合成ピンバーと呼んでいます。

合成ピンバーも1本でのピンバーと同じように扱うことができます。

ピンバーは世界中のトレーダーも意識するもので、相場の転換ポイントで見られるローソク足です。

ただし、ピンバーだけで判断するには根拠が弱いので、他の分析と一緒に使われることが多いです。

 

ピンバー+αのフィルターロジック

ピンバーと他の分析と合わせて使用することで分析精度が上がります。

本インジケーターでは、条件を満たしたときのみサインを出すようにフィルターをかけることが可能で、2つのロジックを搭載しています。

2本のMAを使用したロジック

ストキャスティクスを使用したロジック

設定パラメータで各フィルターのON/OFFが可能です。

 

2本のMAを使用したロジック

こちらは主にトレンド相場時に効果的なロジックです。

フィルターの条件は、

【買いサイン】
短期MA>長期MA かつ、ローソク足の終値>短期MA

【売りサイン】
短期MA<長期MA かつ、ローソク足の終値<短期MA

上の条件のときにピンバーを検知するとサインが出ます。

 

ストキャスティクスを使用したロジック

こちらは主にレンジ相場時に効果的なロジックです。

フィルターの条件は、

【買いサイン】
ストキャスメインラインが20以下かつ、ローソク足の終値<MA

【売りサイン】
ストキャスメインラインが80以上かつ、ローソク足の終値>MA

上の条件のときにピンバーを検知するとサインが出ます。

 

商品ページ

ピンバー/合成ピンバーサインツールピンバーと合成ピンバーをサインでお知らせ スマホへの通知でチャンスを逃さない! | GogoJungle
ピンバーと合成ピンバーをサインでお知らせ スマホへの通知でチャンスを逃さない!ピンバーと合成ピンバーをサインでお知らせ スマホへの通知でチャンスを逃さない! | GogoJungle

 

レビュー・口コミ 名前とメールは空欄でも投稿できます