トライデント2 AUDCAD レビュー

EA

トライデント2 AUDCAD

商品ページ

トライデント2 AUDCAD高頻度エントリー 長期バックテストでRF8超え 高収益のナンピンマーチンEA | GogoJungle
高頻度エントリー 長期バックテストでRF8超え 高収益のナンピンマーチンEA高頻度エントリー 長期バックテストでRF8超え 高収益のナンピンマーチンEA | GogoJungle

 

概要

高リカバリーファクター

本EAの強みの1つ目は、高いリカバリーファクターです。

EA作者がナンピン系のEAを開発する際に最も重要視するのはリカバリーファクターだと思います。

リカバリーファクターとは、純益÷最大ドローダウンで求められる値で、これを見るだけである程度EAの収益性や安全性が分かります。

例えば以下の2通りのEAのバックテストがあるとします。

①純益:1000万円、最大ドローダウン:200万円   ・・・リカバリーファクター = 5

②純益:100万円、最大ドローダウン:10万円     ・・・リカバリーファクター = 10

この時、皆様はどちらのEAを選びますか?

EA初心者の方は、①の純益1000万円に目が行きがちかもしれません。

しかし、選ぶなら断然②です。 なぜなら、②の方がリカバリーファクターが高いためです。

純益を見ただけではEAの性能比較はできないので、②のロットを10倍にして比較します。

①純益:1000万円、最大ドローダウン:200万円   ・・・リカバリーファクター = 5

②純益:1000万円、最大ドローダウン:100万円   ・・・リカバリーファクター = 10

いかがでしょうか。

これなら②の方が優秀であると分かりやすいです。

同じ純益のEAなら、最大ドローダウンが小さい方がいいと思います。

実運用においてロットを決める際、最大ドローダウンを見て決めることが多いと思います。

最大ドローダウンが100万円になる様に①のロットを半分にすると以下のようになります。

①純益:500万円、最大ドローダウン:100万円    ・・・リカバリーファクター = 5

②純益:1000万円、最大ドローダウン:100万円   ・・・リカバリーファクター = 10

最大ドローダウンが同じということはリスクが同じということです。

つまり、同じリスクで①のEAより②のEAの方が2倍も稼げるということになります。

いちいち最大ドローダウンを揃えるのが面倒なため、純益÷最大ドローダウンでリカバリーファクターを求めることで、簡単にEAの性能を比較することができます。

リカバリーファクターの説明は以上です。

ナンピン系のEAはリカバリーファクターが5以上で優秀とされています。

本EAのリカバリーファクターは8以上となっており、非常に安全で高収益が期待できるEAと言えます。

 

高頻度エントリー

本EAの強みの2つ目はエントリー回数の多さです。

「いかに安全なEAとはいえ、中々エントリーしてくれないのはつまらない」という方向けに本EAを開発しました。

本EAは年間およそ900回、月に75回程度のエントリーを行います。

ほぼ毎日エントリーしてくれるので、早くお金を稼ぎたいという方におすすめのEAです。

 

商品ページ

トライデント2 AUDCAD高頻度エントリー 長期バックテストでRF8超え 高収益のナンピンマーチンEA | GogoJungle
高頻度エントリー 長期バックテストでRF8超え 高収益のナンピンマーチンEA高頻度エントリー 長期バックテストでRF8超え 高収益のナンピンマーチンEA | GogoJungle

 

レビュー・口コミ 名前とメールは空欄でも投稿できます