ローソク足の値幅の限界値(限界運動量)を示す「Voline」+トレード手法解説動画 レビュー

FX

ローソク足の値幅の限界値(限界運動量)を示す「Voline」+トレード手法解説動画

商品ページ

ローソク足の値幅の限界値(限界運動量)を示す「Voline」+トレード手法解説動画最適な利食い(利益確定)ポイントを示すインジケーター「Voline」+トレード手法「VR」解説動画【特典付き】 | GogoJungle
最適な利食い(利益確定)ポイントを示すインジケーター「Voline」+トレード手法「VR」解説動画【特典付き】最適な利食い(利益確定)ポイントを示すインジケーター「Voline」+トレード手法「VR」解説動画【特典付き】 | GogoJungle

 

最適な利食い(利益確定)ポイントを示すインジケーター「Voline」+トレード手法「VR」解説動画【特典付き】

 

Voline(限界運動量インジケーター)の特徴

限界運動量は誰でも価格がどこまで伸びるかを予測できる(これ以上伸びにくい価格)

あなたは今の4時間足がどこまで伸びるかわかりますか?

私はある程度わかります。

ローソク足がどこまで伸びるかは過去のローソク足の値幅の平均から予測することができます。

例えば、今日の日足の値幅は、過去の値幅から予測できますし、週足の値幅、月足の値幅、各時間軸の値幅も予測可能です。

この限界運動量を視覚化したインジケーターがVolineです。

 

多くのトレーダーは早く利食いしてしまって損大利小のトレードになりがち

早く利確してしまうのはどこまで伸びるかがわからないというのが要因の1つだと思います。

値幅がどこまで伸びるかがわかっていれば、適切な利食いができるようになって、損小利大のトレードができるようになるはずです。

各時間軸別の値幅の値動きが予測ができれば、スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、各トレードスタイルに合った利確の目安がわかり、リスクリワードの良い取引ができます。

この適切な利食いポイントを教えてくれるのがVolineです。

 

利食いし損なう

利益を伸ばそうとし過ぎて、結局損切になるなってこともありがちなことですよね。

各時間足の値幅がどこまで伸びそうかがわかっていないからです。

Volineを使えば、どこまで伸びそうかが簡単にわかるので、利食いし損なうということが極端に少なくなります。

私は他の人が何を根拠にどうやって利食いをしているのか気になります。

 

Voline(限界運動量インジケーター)をトレードで使うメリット

限界運動量がわかることで利益を最大化できる(損小利大)

値幅の限界値が予測できるので、利益を最大限伸ばすことが可能です。

例えば、日足がどこまで伸びるかがわかっていれば、その限界値まで保有すれば利益を伸ばすことができますよね。

どこまで伸びるかがわからない、自信がないからチキン利食いしてしまいます。

デイトレードであれば、4時間足、日足のローソク足1本がどこまで伸びるか予測できれば、そのローソク足1本の値幅を取れれば良い訳です。

スイングトレードであれば、週足の限界値がわかれば、1週間でどの程度利益を伸ばせば良いかが予測しやすくなります。

 

限界運動量がわかることで逆張りポイントが分かる

ローソク足の値幅の限界値が予測できるので、「それ以上伸びにくい価格」から逆張りがしやすくなります。

利食いされるポイントは意識されている価格なので反発しやすくなります。そこで逆張りができればリスクリワードの良くて、ストレスなく利益を上げることができます。

 

限界運動量がわかることで高値掴み、安値掴みしにくい

値幅の限界値がある程度予測できるので、トレンドを追いかけない方がいい時がわかります。

例えば、日足の値幅の限界値まで到達したとします。それ以上値幅が伸びる可能性は低いのに追いかける必要はないですよね。

むしろ逆張りする目安を探すべきですよね。

別の時間軸でも同じことが言えます。水曜日に週足の限界値まで到達したのであれば、木曜日、金曜日はそれ以上トレンドが続かない可能性が高いです。

なので水曜日以降はロングという選択肢はなくなります。

結果、Volineを上手く使えば高値掴み、安値掴みをしにくくなります。

 

購入者のレビュー

5.0
オススメできるインジケータです

日々の相場分析で使用させていただいています。

高確率でライン反発があるので、エントリー/利確の目標が明確になってトレードしやすくなりました。

yani さんにはとてもいいインジケーターを提供いただき、大変感謝しております。

ありがとうございました。

5.0
サラリーマントレーダーには有難いアイテムです

購入してからまだ2週間足らずですが、表示されるLINEの効果が凄く効いているのに、毎日感動、そして大変に満足しております。

サラリーマントレーダーにとって、帰宅後にトレードが可能な時間帯だけでの、大体の上下値幅がイメージ出来るのが、とても良いと思います。

とても有益なものを提供していただきまして、有難うございました。

5.0
Volineは初心者でも使いやすいインジケーターです

FXを始めて5ヶ月程度の超初心者ですが、コミュニティにも参加して初心者にも分かりやすいカリキュラムでValineも使用してます。

環境認識、シナリオ、エントリー、利確で根拠の一つとして高確率で機能します。

初心者でも分かりやすくて使えるインジケーターなので、是非皆さんにお勧めします。

5.0
数あるインジケーターの中で、ずっと使っていきたいと思えるのはVolineです!

コミュニティに参加していて、日足volineを主に使用しています。

volineと他インジとの組み合わせでシンプルかつ優位性の高い根拠をもとにエントリーや利確、損切ポイントを絞ることができるので、以前よりも無駄なエントリーが減り、勝率の平均値も少しずつですが上がってきています。

スキャル・デイトレ・スイング・順張り・逆張り、どのトレードスタイルでも使える、相場の法則性をいかしたインジケーターであると思います。

5.0
必須のインジケーター

日足volineをメインに使用してますが、ほんとに、このラインまで来ると高確率で反発や反応があるので伸ばしたい時に迷いにくくなりました。

また、週足volineや月足volineも環境認識でも根拠の1つとしてますね。

付属の自動フィボナッチは当日や当月だけじゃなく、前日や前月にも対応してるのがまじで使いやすい!!

 

商品ページ

ローソク足の値幅の限界値(限界運動量)を示す「Voline」+トレード手法解説動画最適な利食い(利益確定)ポイントを示すインジケーター「Voline」+トレード手法「VR」解説動画【特典付き】 | GogoJungle
最適な利食い(利益確定)ポイントを示すインジケーター「Voline」+トレード手法「VR」解説動画【特典付き】最適な利食い(利益確定)ポイントを示すインジケーター「Voline」+トレード手法「VR」解説動画【特典付き】 | GogoJungle

 

レビューについて

ローソク足の値幅の限界値(限界運動量)を示す「Voline」+トレード手法解説動画のレビュー・評判・口コミは?!

ローソク足の値幅の限界値(限界運動量)を示す「Voline」+トレード手法解説動画を実際に使用した感想や体験談、
購入はしてないけど気になる事やSNS等の情報、
または他のレビューサイトでの評価等を募集しています。

ページ下のコメント投稿フォームより書き込みをして下さい。

情報をみんなで共有しましょう!

 

コメント

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss