Simpleシリーズ 第1弾 『 移動平均線 』 順張りサインツール レビュー

インジケーター

Simpleシリーズ 第1弾 『 移動平均線 』 順張りサインツール

Simpleシリーズ 第1弾 『 移動平均線 』 順張りサインツール 【戦略】3本の異なる期間の移動平均線を利用し、4つの条件によりトレンドを判断します。 | GogoJungle
【戦略】3本の異なる期間の移動平均線を利用し、4つの条件によりトレンドを判断します。【戦略】3本の異なる期間の移動平均線を利用し、4つの条件によりトレンドを判断します。 | GogoJungle

 

3本の異なる期間の移動平均線を利用し、4つの条件によりトレンドを判断します。

 

 

◉移動平均線のトレンド方向に対する条件を4つの条件が一致した場合に矢印が出る設定としています。

◉3本の移動平均線を利用することで、一番長い期間の足は上位足のトレンドと判断することができます。

◉上位足期間の計算方法を考える。例えば、5分足チャート上で上位足期間を利用する場合。20日期間を短期移動平均線と設定すると、15分足の20日移動平均線は、5分×3倍となりますので、5分足チャート上では20日×3倍で、60日で表示できます。同じように1時間足の20日移動平均線は、5分×12倍となりますので、5分足チャート上では20日×12倍で、240日で表示できます。つまり、5分足チャート20日期間の上位足表示は、15分足:期間60日 1時間足:240分 4時間足:960日 ということになります。このような計算で、上位足のどの期間の移動平均線を表示しているのかを考えることができます。

◉上記は、上位足の計算方法でしたが、その他のロジックとして短期、中期、長期をどの間隔で行うのかなど、沢山の方法論がありますので、いまご使用のロジック通りの時間足チャートと移動平均線期間を設定していただけるとさらなる裁量の一助とすることができます。

◉中期移動平均線と長期移動平均線の乖離幅について。中期と長期の乖離幅をサイン条件にいれております。理由は、中期と長期の乖離幅が大きすぎると時間足によっては、過剰にトレンド方向に行き過ぎている場合が増えてきますのでそれを回避する目的となっております。ただし、乖離幅は設定する時間足によって違いますので、それぞれチャートを見られて設定してください。中級者以上の方もスキャルピングとして、中期と長期の2本を利用したエントリーにも利用可能ですので乖離と期間調整してご利用ください。

 

商品ページ

Simpleシリーズ 第1弾 『 移動平均線 』 順張りサインツール 【戦略】3本の異なる期間の移動平均線を利用し、4つの条件によりトレンドを判断します。 | GogoJungle
【戦略】3本の異なる期間の移動平均線を利用し、4つの条件によりトレンドを判断します。【戦略】3本の異なる期間の移動平均線を利用し、4つの条件によりトレンドを判断します。 | GogoJungle

 

レビューについて

Simpleシリーズ 第1弾 『 移動平均線 』 順張りサインツールのレビュー・評判・口コミは?!

Simpleシリーズ 第1弾 『 移動平均線 』 順張りサインツールを実際に使用した感想や体験談、
購入はしてないけど気になる事やSNS等の情報、
または他のレビューサイトでの評価等を募集しています。

ページ下のコメント投稿フォームより書き込みをして下さい。

情報をみんなで共有しましょう!

 

コメント

FX取引のリベートキャッシュバックプログラムの紹介

FX取引におけるリベートのキャッシュバックプログラムの紹介記事です。

リベートキャッシュバックの詳細はこちらをクリック!

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss