通貨強弱スコア算出・28通貨監視・通貨強弱推移チャート レビュー

インジケーター

通貨強弱スコア算出・28通貨監視・通貨強弱推移チャート

通貨強弱スコア算出・28通貨監視・通貨強弱推移チャートFX相場全体を俯瞰できる!トレード前の環境確認に!時系列変化も追える! | GogoJungle
FX相場全体を俯瞰できる!トレード前の環境確認に!時系列変化も追える!FX相場全体を俯瞰できる!トレード前の環境確認に!時系列変化も追える! | GogoJungle

 

当インジケーターセットは、チャートウインドウに全通貨監視、通貨強弱スコア表示を行う「PO_CurrencyScore」と、サブウインドウで通貨強弱の推移を時系列で追う事ができる「PO_CurrencyScoreChart」の2つがセットになっています。

また、どちらも単体で使用することができます。

 

PO_CurrencyScore

 

機能概要

・USD,EUR,JPY,GBP,AUD,CAD,CHF,NZDの8通貨について、それぞれの通貨に絡む通貨ペアのパーフェクトオーダーにより通貨間の強弱を計算し、スコア化して表示します。

・パーフェクトオーダー成立中の通貨ペアがどれか、一覧で確認できます。

・MAの期間設定、タイムフレーム設定を自由に設定できます。

 

特徴

・トレード前の環境認識に役立ちます。

・最大スコアの通貨と最低スコアの通貨の組み合わせの通貨ペアは、基本的に大きなトレンドが発生しています。

スコアが近い通貨同士の通貨ペアは、基本的にレンジ相場となっています。

それらの性質を利用して、順張りに使う、次の続伸に備える、レンジ取引を行う、レンジブレイクを狙う等、様々な取引方法への応用が期待できます。

・今どの通貨が活発に取引されているのか、その通貨に手を出すべきなのか、そうでないのか、相場の概観を見た上でトレードするのとそうでないのとでは大きな違いがあると思います。

・8通貨間で強弱を見るには、28通貨ペアを見ていかないといけませんが、毎回トレードする前にそれらを一つ一つ見ていくのは大変な労力のかかる作業です。それが、このインジケーターを使うことで一目で強弱がわかります。

 

稼働させるのに必要な通貨ペア

(下記の28通貨ペアが揃っている証券会社のMT4口座をご利用ください。)

EURUSD, USDJPY, GBPUSD, GBPJPY ,EURJPY, EURGBP, AUDUSD, EURAUD,
AUDJPY, GBPAUD ,USDCAD , EURCAD ,CADJPY , GBPCAD , AUDCAD, USDCHF , EURCHF , CHFJPY , GBPCHF , AUDCHF , CADCHF , NZDUSD , EURNZD, NZDJPY, GBPNZD , AUDNZD , NZDCAD , NZDCHF

 

インジケータ―のロジック

このインジケータ―は、パーフェクトオーダーで通貨間の強弱を判定します。

まず、パーフェクトオーダーの判定基準についてです。

本インジケーターでは4本のMA(Moving Average:移動平均線)を使用します。

1本ずつ時間足は異なりますが、同一期間のMAを用いた4本になります。

例えば、下記のような設定にした場合、

MA1本目(TimeFrameA):5分足の20期間MA
MA2本目(TimeFrameB) :30分足の20期間MA
MA3本目(TimeFrameC) :1時間足の20期間MA
MA4本目(TimeFrameD) :4時間足の20期間MA

これらのMAでパーフェクトオーダーが成立しているかどうかを判定基準とします。
(4本ともタイムフレーム、MAの期間を自由に設定できますが、TimeFrameA<TimeFrameB<TmeFrameC<TimeFrameDとなるようにタイムフレームを設定してください。)

次に、スコアの算出方法です。

このインジケーターで判定対象として扱う通貨は,USD,EUR,JPY,GBP,AUD,CAD,CHF,NZDの8通貨ですが、この中からUSDスコアの算出を例にご説明します。

USDスコア算出に使う通貨ペアはEURUSD, USDJPY, GBPUSD, AUDUSD, USDCAD, USDCHF, NZDUSDの7通貨ペアです。

この通貨ペアの中でいずれもドルが強い方向(ドル高方向)にパーフェクトオーダーが成立した場合、ドルスコアは7点となります。

具体的には、EURUSDで下降パーフェクトオーダー(以降パーフェクトオーダーをPOと表記します)が成立していれば「+1点」、USDJPYは上昇POで「+1点」、GBPUSDは下降POで「+1点」、AUDUSDは下降PO、USDCADとUSDCHFは上昇PO、NZDUSDは下降POでそれぞれ「1点」、合計で7点という具合です。

このように、一つの通貨のMAXスコアは7点となります。

逆に、ドルスコア算出に用いる7通貨ペアの全てでドル安方向にパーフェクトオーダーが成立していれば「-7点」です。

他の例としては、EURUSD「1点」、USDJPY「1点」の時、残りの5通貨ペアがパーフェクトオーダー非成立なら、非成立通貨ペアは「0点」とするので、この場合、ドルスコアは合計2点となります。

また、EURUSDは「1点」、USDJPYも「1点」の時、GBPUSDで上昇パーフェクトオーダーなら、GBPUSDは「-1点」、残りの4通貨ペアでPO非成立なら、USDスコアは合計で1点となります。

以上のような計算を他の通貨に対しても行っていきます。

 

PO_CurrencyScoreChart

 

機能概要

・時系列でどのように強弱が変化していったかを知ることができます。

・MAの期間設定、適用する時間軸を自由に設定できます。

 

商品ページ

通貨強弱スコア算出・28通貨監視・通貨強弱推移チャートFX相場全体を俯瞰できる!トレード前の環境確認に!時系列変化も追える! | GogoJungle
FX相場全体を俯瞰できる!トレード前の環境確認に!時系列変化も追える!FX相場全体を俯瞰できる!トレード前の環境確認に!時系列変化も追える! | GogoJungle

 

レビューについて

通貨強弱スコア算出・28通貨監視・通貨強弱推移チャートのレビュー・評判・口コミは?!

通貨強弱スコア算出・28通貨監視・通貨強弱推移チャートを実際に使用した感想や体験談、
購入はしてないけど気になる事やSNS等の情報、
または他のレビューサイトでの評価等を募集しています。

ページ下のコメント投稿フォームより書き込みをして下さい。

情報をみんなで共有しましょう!

 

コメント

FX取引のリベートキャッシュバックプログラムの紹介

FX取引におけるリベートのキャッシュバックプログラムの紹介記事です。

リベートキャッシュバックの詳細はこちらをクリック!

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss