MACDを自由自在に表現できるインジ3つ! レビュー

インジケーター

MACDを自由自在に表現できるインジ3つ!

ヒストグラム、グラデーション、MTF対応などより見やすく、わかりやすく表示出来るインジケーターを3つ用意しましたヒストグラム、グラデーション、MTF対応などより見やすく、わかりやすく表示出来るインジケーターを3つ用意しました | GogoJungle

 

ヒストグラム、グラデーション、MTF対応などより見やすく、わかりやすく表示出来るインジケーターを3つ用意しました。

 

 

画像のサブウィンドウ1段目、2段目は、W_MACD-HistDiff_V1というインジです。
ヒストグラムとラインの2種類を表示出来るものです。ラインもヒストグラムの方もMTF対応です。
1段目2段目の違いはヒストグラムをストキャスそのまま表示か、MACDラインとMACDシグナルラインの差を表示した物と切り替えられます。

3段目は、MACD_Bundle_V2というインジです。
MACD長期の値を設定値から設定した数ずつ減らし最大30本表示するものです。(MACD長期値だけ減らしMACD短期の値は固定です。)
また始点中間点終点と3箇所色指定が出来てグラデーションを自動で掛けます。
例えば(MACD短期が8で)MACD長期を34に設定してライン表示数を20本で1ずつ減らす場合、最小値はMACD長期14となり、
最大MACD長期34,MACD短期8から最小MACD長期が14,MACD短期が8までのラインが20本引かれます。
最小値の色が最大値の色を越えたりしたときや、ラインが広がっているとき、狭まっているときなど状況をすぐ見て取れると思います。

4段目は、MACD_Bundle_HistDiff_V2というインジです。
W_MACD-HistDiff_V1のヒストグラムとMACD_Bundle_V2を組み合わせたものです。

 

レビューについて

MACDを自由自在に表現できるインジ3つ!のレビュー・評判・口コミは?!

MACDを自由自在に表現できるインジ3つ!を実際に使用した感想や体験談、
購入はしてないけど気になる事やSNS等の情報、
または他のレビューサイトでの評価等を募集しています。

ページ下のコメント投稿フォームより書き込みをして下さい。

情報をみんなで共有しましょう!

 

商品ページ

MACDを自由自在に表現できるインジ3つ!ヒストグラム、グラデーション、MTF対応などより見やすく、わかりやすく表示出来るインジケーターを3つ用意しました | GogoJungle
ヒストグラム、グラデーション、MTF対応などより見やすく、わかりやすく表示出来るインジケーターを3つ用意しましたヒストグラム、グラデーション、MTF対応などより見やすく、わかりやすく表示出来るインジケーターを3つ用意しました | GogoJungle

 

コメント

FX取引のリベートキャッシュバックプログラムの紹介

FX取引におけるリベートのキャッシュバックプログラムの紹介記事です。

リベートキャッシュバックの詳細はこちらをクリック!

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss