Past Current System 検証

Past Current System

Past Current System
過去からのデータからわかる今の予測!!
過去からのデータからわかる今の予測!!?|?fx-on.com

 

 

【Past Curent System 概要】

通貨ペア:[USD/JPY]
取引スタイル:[スキャルピング][デイトレード]
最大ポジション数:2その他:片側のポジション数で1~2の間で設定できます。
使用時間足:M5
最大ストップロス:90(その他:シグナルによる決済)
テイクプロフィット:100(その他:シグナルによる決済)

フォワード1ヶ月半で+300pips以上獲得!

トレードロジックは順張りで、平均獲得pips 8.2pipsでコツコツと利益を重ねます。

 

【エントリー例】

TP100、SL90をエントリーと同時に注文することで、相場変動リスクを避けます。

1度のエントリーで2ポジションを同時期に持ち、ロジック決済をします。

 

【バックテスト分析】


2000.01.01-2018.07.30

スプレッド1.5pips
0.1ロット固定
純益+21760ドル
最大ドローダウン 830ドル
総取引回数 10713回(年間平均500~600回)
勝率 67%
平均獲得額 13ドル
平均損失額 -21ドル

 

バックテストデータはなんと2000年からのデータあり!

となりました。USDJPYで1.5pipsのスプレッドでの結果なので、スプレッドがもっと狭いFX会社であればより多くの利益が期待できるでしょう。

2008年にボーナス相場がありましたが大きなドローダウンもなく、右肩上がりに推移しています。

最大ドローダウンも、0.2ロット(0.1x2)で最大で800ドル程度と少なめ。

 

【年別利益】

2008、2009年の利益額が特にずば抜けていますが、
2013年以降の直近5年でも0.1ロットあたり年間平均1300ドルの利益となっています。

 

【推奨証拠金について】

直近10年を基準にするのであれば0.1ロット設定で600ドルの最大ドローダウンで済んでいますので

(4.5*2)+(7*2)=16.2(万円)

で運用可能です。そう考えると、年利100%を超える年もあり、かなりの利益率が期待できます。

 

5年平均でも88%
10年平均なら100%を超える年利となりました。

 

ただあくまで平均であり、2012年、2015年のように利益額の少ない年もあります。

 

2018年はというと前半では+156ドルと低調な成績になっていますが、
実際のフォワードでは1ヶ月半で+300pips以上獲れていますので、
バックテストよりも良い結果が期待できそうです。

コツコツドカンとなりにくく、運用2~3年で利益率100%が目指せるバランスの良いEAです!

 

Past Current System
過去からのデータからわかる今の予測!!
過去からのデータからわかる今の予測!!?|?fx-on.com

 

コメント

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss