ORCA EA 検証

ORCA

ORCA
スパンモデルを用いて堅実にトレード
スパンモデルを用いて堅実にトレード?|?fx-on.com

 

フォワード計測1年以上!

年間500pipsを獲得する堅実な1ポジEA『ORCA』

 

【ORCA 概要】

通貨ペア:[USD/JPY]

取引スタイル:[デイトレード][スイングトレード]

最大ポジション数:1

使用時間足:M30

最大ストップロス:0(オススメ:30pips)

テイクプロフィット:0(オススメ:50pips)

 

トレードロジックはスパンモデルを使用した、正統派順張り手法です。

フォワード計測1年2ヶ月で、+500pips以上と堅実な成績を出しています。

 

2017年後半は-49pipsの微マイナス。

2018年は+623pipsと好調!

 

■バックテストと乖離のない成績

公式バックテストデータを見るとスプレッドが2.0になっているのですが、
これだとあまり良い成績は出ません。

実際のフォワードと近い05pipsでバックテストを行った結果がこちら

2010.01.04-2017.08.30

スプレッド0.5

0.1ロット固定

純益+43.7万円(年間平均 4.5万円)

最大ドローダウン -5.97万円

総取引回数 1225回(年間120回程度)

平均利益額 5000円(50pips)

平均損失額 -3000円(-30pips)

勝率41%

となりました。

取引回数は少なめですが、年間400-500pipsほど獲ってくれる、堅実なEAです。

勝率が低くても利益が残るのは、利益対損失が50:-30と、
利益額のほうが大きくなっているためです。

 

推奨証拠金は、

4.5+(6*2)=16.5万円

期待年利は27%程度となります。

 

フォワード実績を見ても、推奨証拠金が15万円、
最大ドローダウンが5.3万円なので、
ほぼバックテストと乖離のない結果となっています。

 

【年別損益】

(※通貨は”円”です)

年別損益を見ると、2014年が弱い結果となりました。

2016年以降は年間500pipsベースで来ており、
フォワード計測中の直近1年でも500pipsほど獲得しています。

トレード回数も多くはないので、ポートフォリオ運用向けかもしれませんが、
ロジックが明確なこと、損失pipsが少なめで1ポジなので、とても扱いやすいEAです!

 

ORCA
スパンモデルを用いて堅実にトレード
スパンモデルを用いて堅実にトレード?|?fx-on.com

 

コメント

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss