Morning Shot USDJPY M5 検証

Morning Shot USDJPY M5

Morning Shot USDJPY M5
トレーリングタイプのUSD/JPYの朝スキャです。
トレーリングタイプのUSD/JPYの朝スキャです。?|?fx-on.com

 

フォワード9か月で+1500pips獲得!

多数ポジション朝スキャEA『Morning Shot USDJPY M5』

 

【Morning Shot USDJPY M5 概要】

通貨ペア:[USD/JPY]
取引スタイル:[スキャルピング]
最大ポジション数:5
使用時間足:M5
最大ストップロス:50
テイクプロフィット10その他:トレーリングストップ

 

日本時間3:30~6:00にエントリーし、トレーリングストップで利確するEAです。

最大ストップロス50pipsと損切りも浅めの設計で、短期決戦のスキャルピングEAです。

 

【フォワード分析】

 

2017年6月から稼働、9ヶ月運用で+1593pips獲得しています

2018年に入ってからは毎月プラスで好調です!

期間中の勝率も83.4%と、5ポジションのEAとしては勝率が良いです。

 

【トレード例】

青矢印:SELL

赤矢印:BUY

日本時間の早朝にエントリーし、方向性が合えばトレーリングストップで決済します。

最大ストップロスは-50pipsで、引っかかってしまう時ももちろんあります。

最大5ポジ×-50pipsなので、ロットが大きいと一回の損失は大き目になりますが、
勝率が8割ほどあるので負けることは少ないです。

 

【バックテスト分析】

2008年から10年バックテストを行ってみました

2008.01.01-2017.12.31
スプレッド0.8pips
0.1ロット固定
純益+85万円
最大ドローダウン -18.6万円
勝率 79.4%

となりました。

 

成績が振るわな方のが2011年~2013年で、ほぼ横ばいの期間があります。

最大ドローダウンもこの時期に0.1ロットに対して最大15万円台を出しています。

その他の年をみると、平均して-5万円台程度のドローダウンになります。

 

月別で見てみると、12月の成績が良くないことが多いですね。

12月は運用をやめてみてもいいかもしれません。

 

【最大ドローダウンと期待利益】

10年間のバックテストにおいては最大ドローダウンは15.6万円でしたので、
100万円口座であれば0.2ロット(×最大5ポジ)での運用が推奨です。

その場合の期待平均利益は+17万円となります。

MorningShotUSDJPYのデフォルトパラメーターのロット数は0.5となっており、
直近数年のドローダウンから調整されている100万円あたりの推奨ロットになっています。

どの程度のバックテスト期間を参照として最大ドローダウン値をきめるかは人それぞれなのですが、アグレッシブにいきたいのであれば0.5、安全に行きたいのであれば0.2程度がおススメです。

100万円あたり0.5ロットであれば平均年利見込みは+40%、
0.2ロットであれば+17%になります。

 

【複利機能との相性よし!】

勝率が80%近くありますので、複利で運用したほうが効率が良いですね。

直近5年での複利運用結果はこちら

リスク10設定で、相対ドローダウンは15%!

100万円⇒388万円に!(+288%)

成績の良い年にあたると一気に資産形成できるかもしれません?!

 

Morning Shot USDJPY M5
トレーリングタイプのUSD/JPYの朝スキャです。
トレーリングタイプのUSD/JPYの朝スキャです。?|?fx-on.com

 



口座開設でEA・インジケータープレゼント

fx-on.comお宝ページはこちら!
fx-on.comお宝ページはこちら!

キャッシュバックの老舗 ファイナルキャッシュバック