BBTSM_GBPUSD 検証

BBTSM_GBPUSD

BBTSM_GBPUSD
ポンド/米ドルの「実需」に着目し、何十年も安定して規則的に発生している「需要増減の短期波」を5分足でとらえるEA
ポンド/米ドルの「実需」に着目し、何十年も安定して規則的に発生している「需要増減の短期波」を5分足でとらえるEA?|?fx-on.com

 

【BBTSM_GBPUSD 概要】

通貨ペア:[GBP/USD]
取引スタイル:[スキャルピング][デイトレード]
最大ポジション数:1
使用時間足:M5
最大ストップロス:100 その他:需要増減の短期波の概念を用いたストップが設定されていま
す。
テイクプロフィット:100 その他:需要増減の短期波の概念を用いたリミットが設定されています。

 

フォワード1ヶ月では獲得pipsは+41pipsとなっています。

ポンドドルの実需に基づいたトレードなので、取引時間が決まったシンプルなトレードです。

ドル円の仲値トレードのようなロジックですね。

フォワードは100万円あたり0.3ロットから始まる複利運用となっています。

 

【バックテスト分析】

公式バックテストは1999~2018年の18年ものバックテストデータがあります

1999.01.01-2018.03.30

0.1ロット固定
純益 +2,762,087円
総取引数 6570(年間平均 359回)
最大ドローダウン 63,080円
平均利益額 1,799円
平均損失額 -2,025円
勝率 64%

となっています。

リスクリワードレシオが0.88なので、勝率は56%以上あれば大丈夫です。

勝率は64%なので利益が残っていくことがわかります。

また、1回あたりの最大損失は-10762円、

最大利益は+30085円となっています。

 

【年別利益額】

(単位:万円)

2008年が最も利益額が大きく、0.1ロットあたり42万円獲得しています。

2008年以降は若干年利が少なくなっています。

利益を平均すると過去18年では0.1ロットあたり年間15万円の利益見込み、
過去10年では年間13.3万円の平均利益見込みとなります。

過去5年間では年間7.8万円の平均利益見込みです。

0.1ロットに必要なGBPUSDの証拠金は7.5万円です。

1ポジEAなので、最大ドローダウン50%での推奨証拠金は

7.5+(6.3*2)=20.1万円

おおよそ20万円あたり0.1ロットで運用可能です。

その場合の年利は過去5年では平均年利見込み+36.9%

過去10年では+66%の平均年利見込みになります。

ロットを調整すればかなりの年利が見込めそうです。

デフォルトでは100万円あたり0.3ロット推奨になっており、最大ドローダウンが20%に収まる設計になっていますので、

年利18~33%が安全運用での見込みになるでしょう。

2008年以降バックテストの結果が軟調なのが気になりますが、半年後、1年後のフォワード結果でその真価が問われるでしょう!

 

 

BBTSM_GBPUSD
ポンド/米ドルの「実需」に着目し、何十年も安定して規則的に発生している「需要増減の短期波」を5分足でとらえるEA
ポンド/米ドルの「実需」に着目し、何十年も安定して規則的に発生している「需要増減の短期波」を5分足でとらえるEA?|?fx-on.com

 



口座開設でEA・インジケータープレゼント

fx-on.comお宝ページはこちら!
fx-on.comお宝ページはこちら!

キャッシュバックの老舗 ファイナルキャッシュバック