阪谷直人 実戦トレード

阪谷直人 実戦トレード
阪谷直人 実戦トレード

 

阪谷直人 プロフィール

1983年にアメリカ銀行入行。
ディーラーとして様々な金融商品に携わる。

1992年にデリバティブ・デスクの立ち上げにディーラーとして参加する。

1999年よりバンク・オブ・アメリカ証券会社にて、
デリバティブの営業を担当後、2009年よりメリルリンチ、ソシエテジェネラルでもデリバティブと為替の営業を担当。

2011年に退職後、個人トレーダーとして自己勘定でのトレーディングを開始。

現在Twitterにて市場関連情報を発信中。

 

阪谷直人 実戦トレードの配信内容について

阪谷直人さんのメルマガ、
阪谷直人 実戦トレードの、実際の配信内容について見ていきます。

 

阪谷直人 実戦トレード 配信日:2016/07/27

「ドル円:7月27日のシナリオ立て」

テーマ: 混沌とする
今回の日銀金融政策決定会合への織り込み。

市場では日銀の金融政策決定会合で
追加緩和に踏み切るとの期待が先行、
一部では過剰期待に対する警戒感を踏まえた
ポジション調整売りと共に、見切り売りも散見される中、
昨日は日経平均株価237円安と続落し
16,338円で取引を終えました。
ドル円は節目である105割れを難なく突破し、
104割れまで下落するなど、違和感の残る相場展開です。

政府日銀としては、
FOMCや日銀金融決定会合までは
日経平均株価16,000円台、そして、
円相場もドル円105台を維持したい
ところが本音と見ますが、
思いがけなく円高が進行し、
日銀としては、追加緩和のみならず、
なりふり構わない政策方針を強めざるを得ない
状況に直面していると判断します。
現状において104前後からのショートは
危険であり自重すべきと見ます。

24日にかけて中国・成都で開催された
G20財務相・中銀総裁会合では、改めて各国が
「世界経済の減速回避に向けた
金融・財政・構造改革の政策総動員」
で協調努力を行うことが合意されました。
日本は先進国の中で最も政治が安定しており、
すでに日本政府は事業規模で10−20兆円の経済対策を調整し、
日本が率先して「政策総動員」をアピールするかどうか、
29日の日銀会合は追加緩和措置が注目されています。

もちろん、
緩和見送りによる失望の円高、
緩和内容への失望の円高、
材料出尽くしによる円高、
等の波乱のリスクも今回は高く想定されます。

 

阪谷直人 実戦トレード 配信日:2016/06/07

「今日のポジション」

通貨ペア:ドル円  残り半分も
107.00へトレーリングして
利益確定

エントリー: 111.00 で 売り ….. done
…..利確

110.00 で 売り ….. done
…..利確

ストップ:  107.00 で 買い

買戻し:   108.80 で 買い戻し
120bp の利益
=110.00ー108.80

107.00 で 買い戻し
400bp の利益
=111.00ー107.80

理由:
見方に変わりありません
ただ、
106.50まで一気に来たので
今日、明日は戻しが入りそうです

上がってきたらまた売ります
あくまで
目先ターゲットは105.53割れ
変わらずです

 

阪谷直人 実戦トレード 配信日:2016/05/28

「イエレンFRB議長の発言」

イエレン議長は27日、ハーバード大学での講演で
「FRBが時間をかけて緩やかに
かつ慎重に金利を引き上げることは適切だ
今後数カ月に利上げすることがおそらく適切となる」
と述べました

過度に急激な利上げに対し慎重を期す姿勢を示しましたが
市場は経済成長やインフレ見通しに対して
過去より自信を深めている様子をうかがわせたと受け取り
NY時間で米利上げ観測が強まりドルが上昇
ドル円はNY朝方の安値109.48から
昨日の高値110.23を上抜け
110.45まで上伸、25日来の高値を更新
ユーロドルは1.1177から1.1111へ下落
3月来の安値を更新しました

イエレン議長は
「経済は引き続き改善しており、成長は上向いているようだ」
とし、労働市場は依然たるみが存続するものの
どの測定でも実質的な改善が見られ
労働市場の改善も継続するとの見方を示しました

CMEグループによると、議長の発言を受けて
短期金利先物が織り込む6月14~15日のFOMCでの
利上げ確率は30%から34%に上昇
7月26~27日会合での利上げ確率は60%と
1カ月前から倍以上の水準に高まっています

議長の発言は
他のFRB当局者が最近示唆していた
早期利上げのシグナルを一層強めました
インフレ率が目標を下回って推移する要因となっていた
原油安とドル高に関しては
「現時点でおおむね落ち着きつつあるようだ」との認識を表明
「インフレ率は向こう数年で2%の目標に回帰すると想定している」
としました
一方で、
「賃金の伸びに関してはあまり改善が見られず
労働市場に緩みが残ることを示唆している」
とも述べました

議長は、経済成長が想定通り継続し雇用創出が続けば
FRBは今後数カ月に利上げすべきとの認識とともに
成長は上向いているようだと指摘
「成長と雇用市場の改善が続けば
今後数カ月に利上げすることが適切になるだろう」
と述べた事を受け、米国株は上げ幅を削りました

市場は、議長のこの日の発言をもって
議長は他のFRB当局者よりハト派的と
確信したのではないでしょうか

 

とても鋭い切り口の、
相場予想がされているメルマガです。

 

阪谷直人 実戦トレード
阪谷直人 実戦トレード

 



口座開設でEA・インジケータープレゼント

fx-on.comお宝ページはこちら!
fx-on.comお宝ページはこちら!

キャッシュバック率NO1 タリタリ

キャッシュバックの老舗 ファイナルキャッシュバック