ナンピンFXドル円版 あゆみインベストメント

EA

ナンピンFXドル円版 あゆみインベストメント

ナンピンFXドル円版

 

ナンピントレードの長所

・比較的穏やかなレンジ相場の時に利益を上げやすい。
・エントリー方向の良し悪しにかかわらず、ナンピンによって最終的に利益を上げることができる。
・保守的な資金管理によって高確率で利益を積み上げていくことができる。

 

ナンピントレードの短所

・強烈なトレンド相場(いわゆる大相場)になった時にロスカットになる可能性がある。
・我慢のトレード戦略なので、含み損を抱える期間が長期間になることがある。
・資金管理を誤るとすぐにロスカットになってしまう。

 

長所と短所をまとめると、
ナンピン系EAでは資金管理が非常に大切になってきます。

 

ナンピンFXドル円版 バックテスト

スタート資金25万円、初期設定1000通貨単位で行った場合の結果です。

 

リーマンショックとは、2008年9月に起こった米国の投資銀行リーマンブラザーズが経営破綻したことによる一連の経済パニックです。約4カ月の間に23円近く円高が進む大相場でした。

 

2008年初めに、スタート資金25万円、初期ロット1000通貨単位で本商品のトレードロジックを稼働させた場合の結果は以下のとおりです。稼働期間は2008年の1年間です。

9月以降のリーマンショックの場面では、何度か訪れた調整相場で利益を順調に確保することができました。

なお、以下の結果は2008年内に決済した分の記録です。

 

 

 

あなたもご存知のように、2011年3月に起こった東日本大震災の際も福島原発事故の影響もあり、短期間の間にドル円の為替相場が大きく変動しました。

約2か月間の間に、典型的な「行って来い相場」となり、1ドル83円から76円へ。そして再び85円となりました。

 

2011年初めに、スタート資金25万円、初期ロット1000通貨単位で本商品のトレードロジックを稼働させた場合の結果は以下のとおりです。稼働期間は2011年の1年間です。

東日本大震災の際もロスカットはせずに、何とか調整局面で利益を残すことができました。

2011年は年間を通してポジション保有期間が全体に長く、我慢のトレードが続きましたが、プラス決済で終えることができました。

なお、以下の結果は2011年内に決済した分の記録です。

 

 

 

日本のデフレ脱却を掲げた安倍政権の経済政策、いわゆる「アベノミクス」に端を発して、2013年から2014年末の2年間にかけて円安が急激に進みました。

2013年初めの1ドル86円から2014年末の121円まで、2年間で約35円程円安が進んだ形になります。

 

2013年初めに、スタート資金25万円、初期ロット1000通貨単位で本商品のトレードロジックを稼働させた場合の結果は以下のとおりです。稼働期間は2013年と2014年の2年間です。

非常に長期にわたる円安進行でしたが、何度か訪れた調整局面で利益を残すことができ、ロスカットには至りませんでした。

なお、以下の結果は2013年と2014年の2年間で決済した分の記録です。

 

 

 

 

2016年は1年間を通して、非常に変動の激しい「行って来い相場」となりました。

2016年前半は日銀のマイナス金利政策により、1ドル121円から98円まで円高が進みました。

しかし2016年後半は「強いアメリカ政策」を掲げるドナルド・トランプ氏の大統領選への出馬と当選により、一気に118円まで円安が進みました。

 

2016年初めに、スタート資金25万円、初期ロット1000通貨単位で本商品のトレードロジックを稼働させた場合の結果は以下のとおりです。稼働期間は2016年の1年間です。

何度か大きな含み損を抱える場面がありましたが、ロスカットには至らず、年間を通してプラス決済でトレードを行うことができました。

なお、以下の結果は2016年内に決済した分の記録です。

 

 

 

2008年初めに、スタート資金25万円、初期ロット1000通貨単位で本商品のトレードロジックを稼働させた場合の結果は以下のとおりです。稼働期間は2008年1月から2018年2月までの約10年間です。

10年の間には、長期間に渡る含み損によるポジション保有の期間が何度もありましたが、我慢のトレードを重ねた結果が以下の結果となっております。

正直、稼働させている側からすると、決済のない退屈な期間が長いことがしばしばありますが、それを乗り越えた上での結果であることをご理解いただければ幸いです。

なお、以下の結果は2008年から2018年2月の間に決済した分の記録です。

 

 

 

2018年初めに、スタート資金25万円、初期ロット1000通貨単位で本商品のトレードロジックを稼働させた場合の結果は以下のとおりです。稼働期間は2018年1月から2018年8月までの8カ月間です。

2018年は前半に円高局面があり、含み損を抱える我慢の展開がありましたが、その後円安に転じたため、利益を確保した状態で推移しております。

なお、以下の結果は2018年1月から2018年8月の間に決済した分の記録です。

 

 

ナンピンFXドル円版

 

『STAR手法』 バイナリーオプション 次のローソク足を予測する★型サインツール 最強のトレード手法 MT4を使用したインジケーター BOやFXに最適なツール

『STAR手法』 バイナリーオプション 次のローソク足を予測する★型サインツール 最強のトレード手法 MT4を使用したインジケーター BOやFXに最適なツール
商品ページ 『STAR手法』 バイナリーオプション 次のロ...

【無料EA】コピートレードEAの無料配布! MT4・MT5に対応!

当コピートレードEAの特徴としてはサーバー型になりますのでMT5で送信しMT4で受信するといった使い方ができる他、同一のPC環境で行う必要がございません。

無料のコピートレードEAの詳細はこちらをクリック!

FXのキャッシュバックプログラムの始め方【CFD他全てに対応】

FX取引におけるリベートのキャッシュバックプログラムの紹介記事です。

リベートキャッシュバックの詳細はこちらをクリック!

追証なし!海外FX口座について

・追証なしの0カットサービス

海外FX口座は基本的にどの業者も追証なしの0カットサービスを導入していますので、相場が急変して大きな損失を被っても追証が請求される事がありませんので安心です。

・大きいレバレッジ

海外FX口座はレバレッジが大きいのが特徴で、レバレッジ100倍から無制限と様々あります。

レバレッジが大きいと少額の証拠金からでもトレードできるので、資金効率が良くなります。

・国内口座と同等以下のコスト

一般的には海外FX口座は国内FX口座よりもコストが大きいと思われていますが、海外FX口座のキャッシュバックを利用する事により国内口座と同等以下のコストで利用が可能です。

海外FX口座のキャッシュバックについては、こちらを参照して下さい。

・登録ボーナスと入金ボーナスの、ボーナス2重取りができる

海外FX口座では登録ボーナスと入金ボーナスの、ボーナス2重取りができる口座があります。

この2重のボーナスを利用する事により、より多くの証拠金でトレードが可能になります。

ボーナス2重取りができる対象口座は、こちらを参照して下さい。

・取り扱い銘柄が豊富

海外FX口座での取り扱い銘柄は為替だけではなく、CFDや仮想通貨等、様々あり、より多くのチャンスを見つける事が可能です。

 

レビュー・口コミ投稿フォーム

レビュー・口コミは下記フォームより行えます。

EA
EA FX レビューと検証

レビュー・口コミ 名前とメールは空欄でも投稿できます