トレンドラインを自動描写 トレンドラインPro

トレンドラインPro

トレンドラインPro
世界が基準としているラインを基本通り忠実に再現
世界が基準としているラインを基本通り忠実に再現?|?fx-on.com

 

世界が基準としているラインを基本通り忠実に再現

『ライン』を使ったトレード、『ライントレード』とは、
チャート上に『サポートライン』・『レジスタンスライン』・『トレンドライン』などを引き、
『ライン』に対する値動きを確認しながら、エントリーポイントや決済ポイントを決めるトレードのことです。

なぜ、『ライントレード』というものが、トレードに必須な要素であると言われているのでしょうか?

まずは、相場の原理原則からご説明いたします。

相場は、“人”により売買が行われて、
需要と供給のバランスの上で値動きが作られているものです。

その値動きには、自然の摂理と同じく無限ともいえる事象が影響しており、
全ての上げ下げを予測することは不可能に近いです。

ただ、そこに法則性が生まれるとしたら、“人”が作る相場だからこそ、
“人の意識”が集中するところに他ありません。

条件が整い、“人の意識”が集中した相場は、
予測不可能な相場を、予測可能な相場へと変貌させるエネルギーを持ちます。

そうした相場では、参加者であるトレーダーのほとんどが同じ方向を向いています。

つまり、人間心理が反映されている値動きは“多数決”に本質があるため、
“多数決”の意識がどこに集まるかを知った上でトレードすることが有効だといえます。

では、“多数決”の意識がどこに最も集まりやすいのでしょうか。

考えてみてください。

決して、ストキャスティクスやMACDなどの特定のインジケーターなどではありません。

最も多くの人が目にしているもの。

答えは、『チャートそのもの』であり、『値動きのそれ自体』です。

では、『値動きのそれ自体』のどこに、“多数決”の意識が集まるのかを読み解けば良いのでしょうか?

世界中のトレーダーが基礎理論として認識している、『ダウ理論』というものがあります。

『ダウ理論』は、世界が共通認識として持っている、最も古く、最も有名なテクニカル理論で、
テクニカル分析とされているものの多くは、何らかの形でこの『ダウ理論』に由来しています。

中でも重視すべきは、『ダウ理論』にある『トレンドの定義』です。

もちろん知っているという方…

本当に理解できていますか?

トレンド.png

上げトレンドの定義: 連続する高値更新と安値切り上げ
下げトレンドの定義: 連続する安値更新と高値切り上げ

サポレジ.png

トレンドの上下運動を繰り返す値動きの山と谷は、
売り圧力に勝る買い圧力が存在する谷を『サポート』と呼び、
買い圧力に勝る売り圧力が存在する山を『レジスタンス』と呼びます。

その、谷(サポート)と山(レジスタンス)に対して、実際に『ライン』を引いたものが、
『サポートライン』や『レジスタンスライン』です。

この『ライン』が引かれたレートを抜けると、トレンドの発生・継続・終了を告げるシグナルとなるなど、
『チャートそのもの』を読み解く上で、“もっとも重要”なものです。

次に重要なラインが『トレンドライン』です。

トレンドライン.png

『トレンドライン』は、
上昇トレンドラインは、切り上がる2点の下値を結んだ右肩上がりの『ライン』、
下降トレンドラインは、切り下がる2点の上値を結んだ右肩下がりの『ライン』であり、
そこに“3点目”が抵抗を受けて『トレンドライン』の完成となります。

トレンドの概念として『動き始めたトレンドはしばらく継続する』とありますが、
『トレンドライン』により決定(3接点)されたトレンドは、
一定の速度を持って傾き(角度)も継続する傾向にあり、
トレンドの調整局面の限界値(押し目買い・戻り売りポイント)やトレンド転換の時期も示してくれます。

トレンドライン応用.png

『トレンドライン』の描画基準ですが、上げトレンドですと、
トレンドの最安値を起点とし、そこから現在値方向にある最高値まで、安値と安値2点触れる角度の『ライン』を枝分かれしながら引きます。

少し話が反れますが、
『ライン』を引く時は、ロウソク足のヒゲを含めるとか、含めないとか、『ライン』の引き方は人によって異なるという方がいらっしゃいます。

そうした疑問は、『ライン』を学び、チャートの仕組みを理解する事で、解消されるもので、
もちろん、『トレンドラインPro』では、そういった答えを織り込んでおります。

トレンドライン転換.png

トレンドラインが決定(3接点)されていれば、
『ライン』近くまで売られたところ(『5』と『7』)はエントリーポイントになります。

エントリータイミングは、『4』→『5』や、『6』→『7』の、
調整トレンドに対して、小さい時間足に『転換シグナル』が出た時となります。

『9』では、『ライン』をブレイクしたため、この角度でのトレンドは終わりと判断できます。

ただし、ブレイクした方向へのエントリーとなると、
『7』の直近高値・直近安値を抜けて『転換シグナル』が確認されたタイミングとすべきです。

『転換シグナル』は、継続しているトレンドの『トレンドの定義』が壊れた状態を言います。

転換シグナル.png

上げトレンドからの下げ転換(左枠内)、下げトレンドからの上げ転換(右枠内)を、
それぞれ2パターンずつ用意してあります。

【左図のパターン】

『A』から『C』に掛けて、直近レートを更新せずに、
『B』のレートを抜けていった『転換シグナル』

【右図のパターン】

『A』から『C』に掛けて、直近レートを更新している場合、
左図パターンの様に、『B』のレートを抜けただけでは明確なる『転換シグナル』となりません。(①の場合)

『C』から『E』、『D』から『E』の様に、『トレンドの定義』形成のタイミング(『D』を抜けた時)が『転換シグナル』になります。

『トレンドの定義』からの『転換シグナル』で代表的なものは、
ダブルトップ・ダブルボトム、トリプルトップ・トリプルボトム、三尊・逆三尊、などがあります。

ダブル.png

トリプル.png

これらも全ては、『ダウ理論』にある『トレンドの定義』から派生するもので、
『転換シグナル』の複数ある内の一部となります。

こうした『トレンドの定義』から『転換シグナル』に至る基礎中の基礎、
これは全世界のトレーダーが当たり前のように意識しています。

そして、こうした形状を確認する際、大きい時間足であればあるほど、
この形状はずっとそこに存在し、より多くの注目を集め、エネルギーを溜め込み、
ラインブレイク後に、思った方向にレートが動かされていくのです。

いかがでしょう。

『チャートそのもの』『値動きのそれ自体』『トレンド』『転換シグナル』の重要性と、
それを気付きやすくする為の、『サポートライン』『レジスタンスライン』『トレンドライン』の重要性。

とても簡単な説明ではございますが、少しでも伝わったのなら嬉しいです。

今回の対象商品である『トレンドラインPro』は、
そうした基本に忠実に、非常に高い精度で『ライン』を、リアルタイムで自動描画する、
『チャートそのもの』を読み解くための強力なアシストツールです。

『トレンドラインPro』は、
◆すべてのMT4  ◆すべての通貨ペア(225先物・CFD・仮想通貨を含む)  ◆すべての時間足
に、描画が可能です。

『トレンドラインPro』は、[プロトレーダー及び専業トレーダー]には、
便利に使えるラインインジケーターとしてお使いいただけます。

『ライン』が自動で引かれることで、何枚ものチャートに、
手動で『ライン』を引いたり引き直したりといった、面倒な作業を省くことができます。

そして、[ライントレード勉強中の方]には、
引かれる『ライン』を見て習得できる“教材”として、『ライントレード』というものを感覚的に習得していただけます。

リアルタイムの相場に対して、
精度の高い『ライン』を自動で引いてくれる『トレンドラインPro』は、
『ライントレード』を最短で習得できる補助ツールとなるでしょう。

私の長年の知識と経験をもって仕上げた、『トレンドラインPro』をご活用いただくことで、
あなたは、私が今に至るまでに費やした時間をショートカットすることが可能です。

====================================================

以下では、『トレンドラインPro』を使った実際のチャートを使って、『ライントレード』の解説をしてまいります。

使っているサンプルは、とても明確で分かりやすいチャート形状でしたので、ラインブレイク後の値動きも綺麗でした。

下画像2枚は、同タイミングで撮った1時間足と15分足のチャート画像です。

【ポンド円 1時間足 エントリー】
下ブレイクH1.png

綺麗に効いた上げトレンドの『ライン』を下ブレイクし、下ブレイクした『ライン』に再度タッチして落とされたタイミングです。

上げトレンドの『トレンドの定義』は壊れ、『転換シグナル』の発生、形状としては『三尊』となっております。

【ポンド円 15分足 エントリー】
下ブレイクM15.png

直近安値から引かれる黄色の『サポートライン』を下抜けたタイミングです。

時間帯としては、ロンドン市場が活発化しているタイミングで、
このタイミングでブレイクすると、勢いが付きやすく、しっかりとした動きとなりやすいです。

【ポンド円 15分足 イグジット①】
下ブレイク決済01.png

ブレイク後は、綺麗に落ちた後、新たに引かれた下げトレンドラインを上抜けたので、ここは1つの利確ポイントになります。

相場によっては、落ちたレートが『往って来い(V字で戻る)』になる場合もあるので、この基準も悪くはありません。

ただ、今回のサンプルでは下げが明確で、勢いが強く、かつ、
まだ『転換シグナル』が出ているわけではないので、様子見の選択肢もあります。

【ポンド円 15分足 イグジット②】
下ブレイク決済03.png

今度は、新たに引かれ直された下げトレンドの上抜けに加え、上矢印が表示されました。

この矢印は、各時間足での『トレンドの定義』に沿って、最小トレンドの方向を示しており、トレンドの継続と反転を示します。
(この矢印は、ポジション保有継続・決済の判断で使えますが、エントリーでは使わないでください)

ここも1つの利確ポイントですが、『転換シグナル』が出ているわけではないので、同じく様子見という選択肢もあります。

【ポンド円 15分足 イグジット③】
下ブレイク決済04.png

今度は、新たに引き直された下げトレンドの上抜けに加え、『転換シグナル』の発生、直近高値を示す黄色ラインまで上抜けました。

こうなると、すぐに再度の下げを期待する事が難しい形状となりますので、利益確定がおすすめです。

【ポンド円 1時間足 イグジット③】
下ブレイク決済H1.png

上画像は、イグジット③と同タイミング、1時間足での参考画像です。

====================================================

【顧客の声まとめ】
顧客の声.png

世界中のトレーダーが意識する、基本に忠実な『サポートライン』『レジスタンスライン』『トレンドライン』を、
あなたに代わって引いてくれる『トレンドラインPro』さえあれば、もう面倒な『ライン』をご自身で引き続ける必要はありません。

すでに多くの方に高い評価をいただいている『トレンドラインPro』を使う事で、あなたのトレードの一助となれば幸いです。

チャートデザインとして、配色の主張をあえて抑えた『トレンドラインPro』は、
多くの皆様に、高機能プラットフォームとしてもお薦めいたします。

 

トレンドラインPro
世界が基準としているラインを基本通り忠実に再現
世界が基準としているラインを基本通り忠実に再現?|?fx-on.com

 

コメント

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss