スキャルピングドラゴン V2 検証

スキャルピングドラゴン V2

スキャルピングドラゴン V2
すべてが進化した最新型ドル円スキャル
すべてが進化した最新型ドル円スキャル?|?fx-on.com

 

フォワードの成績

勝率73.81%

平均利益7,768円
最大利益10,100円

平均損失-12,627円
最大損失-49,300円

 

バックテストの成績

総取引数6027売りポジション(勝率%)2958 (77.42%)買いポジション(勝率%)3069 (78.59%)
勝率(%)4702 (78.02%)負率 (%)1325 (21.98%)
最大勝トレード11326.00敗トレード-103030.00
平均勝トレード8898.55敗トレード-23597.07
最大連勝(金額)31 (259628.00)連敗(金額)5 (-78010.00)
最大連勝(トレード数)300000.00 (30)連敗(トレード数)-215000.00 (4)
平均連勝5連敗1

Graph

 

すべてが進化した新しいドラゴン

このEAは、2017年8月に発売を開始し、
累計800名以上の方にご利用いただいている
ドル円5分足で稼働するスキャルピングEA、
『スキャルピングドラゴン』の改良版です。

1ポジション固定の高頻度トレードはそのままに、
前作から最大ドローダウンを大幅に軽減して、
さらなる安定性の向上を実現しました。

アルパリ20年のバックテストで再調整

バックテストには信頼性が高く、計測期間の長い
アルパリ社のヒストリカルデータを使用。

1999年からの20年間に渡るバックテストで
優位性を確認しています。

これは現在市販されているEAの中では
最長クラスのバックテストです。

海外口座でも使えるスプレッド耐性

バックテストの計測スプレッドは10(=1pips)という
過去作に比べて2倍の厳しい数値を使用。
スキャルピングでありながら高いスプレッド耐性を持ち、
XM Zeroなどの海外口座での利用も可能です。

国内口座なら、バックテスト以上の成績も期待できるかも?

高いリカバリーファクターで収益力抜群

リカバリーファクター(RF)とは、
純益を最大ドローダウンで割った値のことです。

EAのリスクに対するリターンの大きさの指標となります。

一般的に、ドローダウンの大きさに応じて
EAにロットを割り振ることが多いため、
この数値が高いほど実質的な収益力が高いことを示します。

以下は、ゴゴジャンの主要なドル円EAのRFの比較表です。

dv2-rf.png
※RFはバックテストをもとに算出し、小数点第二位で四捨五入

実運用で通用しやすいシンプルな単一ロジック

年平均300回以上の取引回数がありながら、
ロジックはシンプルな単一ロジックを採用。

バックテストの信頼性が高く、過剰最適化を回避します。

マルチロジックのEAは、一見優秀そうな感じがしますが、
実際には個別のロジックの取引回数が少なくなり、
バックテストの統計的信頼性が低くなるため、
フォワードで結果を残せなくなる恐れがあります。

単一ロジックを採用することで、こうした危険性を排除しました。

 

スキャルピングドラゴン V2
すべてが進化した最新型ドル円スキャル
すべてが進化した最新型ドル円スキャル?|?fx-on.com

 

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss