EA作成ツール MT4・MT5に対応!! 
詳細はこちら

シリウス EURUSD 検証

EA

シリウス EURUSD

シリウス EURUSD
安心の最大ストップロス9pips!ハイレバ向きの低ドローダウン、1ポジション型の高勝率EA
安心の最大ストップロス9pips!ハイレバ向きの低ドローダウン、1ポジション型の高勝率EA?|?fx-on.com

 

 

【シリウスEURUSD 概要】

通貨ペア:[EUR/USD]

取引スタイル:[スキャルピング]

最大ポジション数:1

使用時間足:M5

最大ストップロス:9

テイクプロフィット:内部ロジックによる

 

フォワードは1.0(10万通貨)固定で運用されています。

フォワード3ヶ月で38pips獲得、利益は4万円になっています。

獲得pipsだけを見ると、そんなに大したことないんじゃ?と思うかもしれませんが、
シリウスの特徴はなんといっても「最大SLが9pips」だということです。

そして、そんな極狭いSLなのに、バックテストにおける勝率は76%を記録!

バックテストから推測できる期待年利や最大ドローダウンはどれくらいか?

見ていきたいと思います

 

■バックテスト分析

2013.01.02-2018.09.28

スプレッド0.8

1.0ロット固定にて

純益 +7895ドル

最大ドローダウン 456ドル

総取引回数 568回

勝率 76%

 

となりました。

特筆すべきは10万通貨での最大ドローダウンが456ドル!ということです。

0.1ロットあたりであれば45.6ドルです。

この最大ドローダウンの低さが、ハイレバ運用に向いている所以です。

推奨証拠金は、

0.1ロットあたり

(5.1)+(0.5×2)=5.5(万円)

です。

 

1.0ロットであれば55万円程度で運用が可能です。

レバ25倍の口座で、口座資金55万円のうち45万円を必要証拠金として使い、
余剰証拠金10万円程度で運用を続ける・・・というかなりギリギリなことができます。

余裕を持って60万円くらいあるといいかもですね。

その場合の期待年利はどれくらいでしょうか?

年ごとの損益を見てみましょう。

 

【年別損益】

2015年が微マイナスになっています。それ以外は800-2400ドル程度。

2018年は9月までで1300ドルなので、調子の良い年になりそうですね。

平均すると1314ドルで、平均年利は20%ほど。

レバレッジの高い口座であれば、
推奨証拠金はもっと少なくても良いので、
さらに利益率はよくなるでしょう。
(そこらへんが、人気のあるポイントかもしれませんね)

ちなみにレバ100倍だとユーロドル1万枚あたりの必要証拠金は1.25万円程度になります。

このシリウスEURUSDは、資金効率の良さ、
最大ドローダウンの低さが運用のポイントになるので、
くれぐれも100万円の資金で0.1ロットとかで運用しないよう・・・

 

■もっと取引回数を望むなら?! シリウスEURUSDの高頻度取引版「歩(Ho)EURUSD」もオススメ!

シリウスEURUSDと同時期にリリースされた『歩 EURSUD』は、シリウスの高頻度取引バージョンです。

 

歩 EURUSD
最大ストップロス9pips!高頻度トレードによる高収益を狙うEA
最大ストップロス9pips!高頻度トレードによる高収益を狙うEA?|?fx-on.com

 

取引回数の多さを好む方は、こちらもぜひご検討ください!

 

こちらも最大SL9pipsです。ポジション数は5個に増えているので、
最低必要証拠金がシリウスに比べると大きくなります。

 

■バックテスト分析

2013.01.02-2018.09.28

スプレッド0.8

0.1ロット固定

純益+2900ドル

最大ドローダウン 301ドル

勝率67.8%

総取引回数5259回

 

となりました。

5ポジですが、0.1ロットあたりの最大ドローダウンが301ドルと少ないですね!

また、勝率が少し下がった代わりに、総取引回数は10倍以上増えています。

年間平均取引回数は900回以上!

推奨証拠金は

0.1ロットあたり

(5.1*5)+(3.3*2)=32.1(万円)

約32万円程度で0.1ロット設定で運用可能です。

 

【年別損益】

シリウスと似たような結果になりましたね。

年間平均利益額は530ドル(2018年は除く)となりました。

期待年利は18%程度でしょうか。

レバ25倍であれば、シリウスと歩はあまり大差ないかもしれません。

ただ取引回数が多いので、複利運用する場合は「歩」のほうが有利になりそうです。

 

■複利運用2年半でシリウスEURUSDと歩EURUSDを比較

どちらも100万円スタートでよーいどん!

【シリウスEURUSD Risk80%で複利運用】

相対ドローダウン6%

100万→236万円 +130%増!

 

【歩EURUSD Risk80%で複利運用】

相対ドローダウン 14%

100万円→428万円 +328%増!

シリウスのほうが相対ドローダウンが低いのですが、
レバ25倍では80%が安全かな・・・ということで複利運用では、
『歩EURUSD』のほうが高利益になる結果となりました!

ハイレバ口座で大きめロットで運用するなら『シリウスEURUSD』

複利運用するなら、取引回数の多い『歩EURUSD』がオススメです★

お好みの運用方法でご利用ください!

※パラメーターの複利設定のRisk値はデフォルトでは1(%)になっていますが、
口座資金の何%をポジション保有に使用するかという値なので、
最大DDから計算すると50%~80%でも問題ありません。
(レバレッジ100倍口座等の場合は、
ロットが大きくなりすぎてしまうので十分に計算して%を割り出してください)

 

シリウス EURUSD
安心の最大ストップロス9pips!ハイレバ向きの低ドローダウン、1ポジション型の高勝率EA
安心の最大ストップロス9pips!ハイレバ向きの低ドローダウン、1ポジション型の高勝率EA?|?fx-on.com

 

歩 EURUSD
最大ストップロス9pips!高頻度トレードによる高収益を狙うEA
最大ストップロス9pips!高頻度トレードによる高収益を狙うEA?|?fx-on.com

 

【無料EA】コピートレードEAの無料配布! MT4・MT5に対応!

当コピートレードEAの特徴としてはサーバー型になりますのでMT5で送信しMT4で受信するといった使い方ができる他、同一のPC環境で行う必要がございません。

無料のコピートレードEAの詳細はこちらをクリック!

FXのキャッシュバックプログラムの始め方【CFD他全てに対応】

FX取引におけるリベートのキャッシュバックプログラムの紹介記事です。

リベートキャッシュバックの詳細はこちらをクリック!

追証なし!海外FX口座について

・追証なしの0カットサービス

海外FX口座は基本的にどの業者も追証なしの0カットサービスを導入していますので、相場が急変して大きな損失を被っても追証が請求される事がありませんので安心です。

・大きいレバレッジ

海外FX口座はレバレッジが大きいのが特徴で、レバレッジ100倍から無制限と様々あります。

レバレッジが大きいと少額の証拠金からでもトレードできるので、資金効率が良くなります。

・国内口座と同等以下のコスト

一般的には海外FX口座は国内FX口座よりもコストが大きいと思われていますが、海外FX口座のキャッシュバックを利用する事により国内口座と同等以下のコストで利用が可能です。

海外FX口座のキャッシュバックについては、こちらを参照して下さい。

・登録ボーナスと入金ボーナスの、ボーナス2重取りができる

海外FX口座では登録ボーナスと入金ボーナスの、ボーナス2重取りができる口座があります。

この2重のボーナスを利用する事により、より多くの証拠金でトレードが可能になります。

ボーナス2重取りができる対象口座は、こちらを参照して下さい。

・取り扱い銘柄が豊富

海外FX口座での取り扱い銘柄は為替だけではなく、CFDや仮想通貨等、様々あり、より多くのチャンスを見つける事が可能です。

 

レビュー・口コミ投稿フォーム

レビュー・口コミは下記フォームより行えます。

EA
EA FX レビューと検証

レビュー・口コミ 名前とメールは空欄でも投稿できます