1日20pipsを安定して刈り続ける!大衆心理トレード レビュー

FX
商品ページ

1日20pipsを安定して刈り続ける!大衆心理トレードチャートを俯瞰して見れるスキルが身につき、高確率で利益が出るエントリーポイント、チャートが止まる場所が分かるようになります。 | GogoJungle
チャートを俯瞰して見れるスキルが身につき、高確率で利益が出るエントリーポイント、チャートが止まる場所が分かるようになります。チャートを俯瞰して見れるスキルが身につき、高確率で利益が出るエントリーポイント、チャートが止まる場所が分かるようになります。 | GogoJungle

 

アクセスして頂きありがとうございます。

まず最初にお伝えしたい事。

このページでは、3~4年ほどFXでボロ負けだった私が
ボロ勝ちできるようになった方法をお伝えします。

ゴゴジャンを見ている方は中級者以上の方が多いので、
「ローソク足とは?」というような寒い話は一切抜きで
勝つために必要な、シンプルなことだけお伝えするようにします。

FXで勝てない人が信じ込んでいる“ウソ”もお伝えしますので
よろしければ少しだけ読み進めてみてください。

以前の私は、

「なんで自分がエントリーした瞬間に逆行するの!?」

と発狂することなんて日常茶飯事でした。

聖杯を求めてFXの書籍や教材は数えきれないほど購入したので
どれくらい購入したのかもはや分かりません。

役に立つ書籍は一冊もなかったので全てメルカリで売り飛ばしました。

有料のサインツールやインジケーターも購入しました。
ですが、結局残ったのは無料のインジケーターだけでした。

数十万円するFX塾にも入会しましたが、
勝てるようにはなりませんでした。

自動売買システムを利用して、月単位では
ある程度の利益を出せることもありましたが、
最終的には資金が溶けてなくなってしまう経験を三度も経験しました。

本当に後悔しています。

そんな典型的な負けトレーダーだった私が活路を見い出せている手法なので
同じような経験がおありでしたら、期待して頂いて大丈夫だと思います。

もしも私がチャートの本質的なところに目を向けていなかったとしたら…
きっと今でも負け続けているトレーダーだったと思います。

誰でも簡単に勝てるという聖杯や手法を追い求めては、
また騙されていたでしょう。

では、「FXのウソ」の解説も交えながら
「私の手法」に関してお伝えしていきます。

ご購入の判断材料にして下さい。

※なお、以下で説明する話は、あくまでも私個人が
行きついた結論ですので、これ以外のお考えもあるのは承知の上です。

■その1.サインツールやローソク足だけで勝つのは不可能

私の手法は、サインツールなどには頼りません。

基本的には市場参加者の心理を読んでエントリーしていきます。
(※補助として無料インジケーターは利用します)

私は、サインツールに関しては、ローソク足が確定した後で
描写されるものなので、すべては後付けだと考えています。

ですからサインツールが出てからでは遅い事も多いのです。

じゃあ、ローソク足だけ見ていれば良いの?
と思った方もいるかもしれません。

確かに「ローソク足だけで勝てます」などと言われれば、
いかにも本質を捉えていそうで、それっぽく聞こえるかもしれません。

勝てないトレーダーほど、こういうのにすぐ騙されます。

ボロ負けしていた頃の私もそうでした。

実際に、ゴゴジャン等でも「ローソク足だけで勝つ手法」が販売されています。

では本当に1~2本のローソク足だけを見ていれば、FXで勝てるのでしょうか?

私も検証済ですが、直近の1~2本のローソク足だけを見て
勝ち続けるのは不可能だと断言できます。

直近のローソク足の動きだけを見ていてFXで高勝率を残せるのであれば
誰もが億トレーダーになれてしまいます。

そんな簡単なものじゃないのは、FXを真剣にやった方なら痛感しているでしょう。

ローソク足を見るにしても、もっと俯瞰して、
チャート全体として捉える必要があると私は考えます。

また、FXで勝てない人が探すべきものは、サインツールでもなければ、
購入者レビューの良い商材でもありません。

購入者レビューも信じ切ってはいけません。

どこのプラットフォームなのかは触れませんが、
全く同じ内容の商材が別のプラットフォームでも販売されているのを発見し、
そちらでは低評価がかなりついている…というのを見かけました。

プラットフォームによっては商品レビューの表示・非表示を出品者が選べてしまいます。

大切なのは、サインツールなどに頼らなくても
チャートを俯瞰して市場参加者の意図を読み解ける技量です。


■その2.獲得pipsは伸ばせるだけ伸ばした方が良い?

1回の取引で、50pipsも100pipsも取れれば凄いですよね。

もちろんそれができればベストですが、
指標時でもなければ、このような結果は意図的に得られないはずです。

確かに1回の取引で50pipsなどを獲得できるケースもありますが、
私は、これはあくまでも結果論、ラッキーだと考えます。

よくFX塾や商材の案内の中で、
「ここからここまで100ppips獲得しました!」
などとチャートに記載しているのを見ることも多いと思います。

ですが、

ある程度のロットでFXを真剣にやったことがある方なら
すぐにわかると思いますが、そこまで利益を引っ張るのは
普通の精神状態の方なら心理的に難しいはず
です。

その理由はプロスペクト理論です。

プロスペクト理論をご存知ない方は検索してみて下さい。

1本のエントリーで毎回毎回50pipsも100pipsも
利益を伸ばせているのは、間違いなく小ロットの
スイングエントリーか、デモ口座の取引でしょう。

あるいは指標でたまたま伸びたかです。

「その4」で詳しくお伝えしますが、
デモ口座での取引は論外なのはともかく、
スイングトレードだとFXで大きく稼ぐことは不可能です。

■その3.聖杯はない。予想は100%当たらない。

FXの裁量取引に聖杯はありませんし、予想も100%当てることは不可能です。

ファンダメンタルズ分析を追究する方も少なくありませんが、
どれだけ勉強したところで予想が外れることは頻繁にあります。

ファンダメンタルズ分析で有名なBigBossの予想でも
盛大に予想を外していることもあるわけですから、
素人が少し勉強したところで意味がないことは分かります。

また、水平線やフィボナッチ等を駆使してテクニカル分析を完璧に行おうとする完璧主義のトレーダーもいますが、その予想も100%は当たりません。

あくまでも予想なのですから、外れることもあると考えるのが妥当でしょう。

予想が外れた時などにポジショントークでよく聞く言葉で
「これはだましですね」というものがありますが、
私からしてみればそれはだましでも何でもないですし、
元々完璧に未来を予想することなんて不可能なんです。

私はあてにならないファンダメンタルズ分析は行わないですし
短期取引の分スキャやデイトレードには不要だと考えています。

より意味のあるテクニカル分析のみを用います。

そして私の手法では予想が外れることも想定しつつ、
テクニカル分析のみで勝率8割以上を狙っていきます。

■その4.FXは資金量がものを言う

FXは大きな資金で、少ないpipsを取っていくのが勝ち筋です。

これは誰が何と言おうと真実だと思います。

あえて誤解を恐れずに言わせて頂くのなら、
大きな値幅を狙おうとするのは情報弱者の考えです。

大きな値幅を狙うのは絵に描いた餅です。

天井から天底まで取れるはずがありません。

「ここからここは固いだろう」という箇所を
ロットを上げて確実に仕留めにいくのが正解です。

私の手法とは異なりますが、億トレーダーの人達がやっている手法が
大きな資金を元に1pipsや2pipsを狩り取っていく手法である事がその証拠でしょう。

億トレーダーにスキャルピングをやっている人の割合が多いのも納得できます。

私がやっている手法も秒スキャとまではいきませんが、
数分~数十分の間にはおおよそ決着がつくことが大半です。

稼げない人ほど、1回の取引で大きなpips数を獲得している
サインツールや、そのような手法を探そうとするものです。

その方が見栄えが良いですし、初心者向けにはさも凄そうに見えるのですが、
FXで稼ぎ続けるために必要なことはその真逆だと私は考えます。

■その5.勝率は低くても良い?

秒スキャを実践している億トレーダーは
勝率4~6割の方が多いです。

秒スキャで勝率7割や8割なんてまず聞いたことがありません。

彼らが勝率4割でも利益を残せているのは、
リスクリワードレシオ(利益と損失の比率)が良いのです。

少しでも逆行すれば即座に損切をし、利益はこらえて極力伸ばす。
そうして少ない値幅の利益を1日を通して積み重ねていきます。

ただそのぶん、取引回数は1日100回を超えることもありますし
口座凍結との闘いは常に付きまといます。

これはこれで、一つの成功法則だとは思います。

ですが、秒スキャで結果を残すためには
かなりの訓練が必要なことと、1pipsなどの小さな利益を積み重ねるので
1日中チャートに張り付いている必要があるわけです。

時間のある専業トレーダーでもなければ
秒スキャに真剣に取り組むのは難しいと言えるでしょう。

私が実践している手法は分スキャ、デイトレに分類されます。

1日に何十回、何百回とトレードする秒スキャトレーダーと違い、
1日に1回~数回のトレードで利益を獲得します。

そのため、勝率4~6割ではダメです。

少なくとも勝率8割以上を目指します。

必要な勝率は戦法によって変わるということです。

秒スキャトレーダーが1日中ガチャガチャやって
最終的に10pipsや20pips獲得するのだとしたら、
それを1回のトレードでバチっと獲得するのが私の手法です。

■その6.勝率8割でも驚くほど資産が増えていきます

既にお伝えしたように、FXは資金量がものを言います。

たとえば1回のエントリーで2ロットはれるトレーダーは
1日たった10pips獲得するだけで2万円の利益です。

月20日換算だと40万円の利益ということになります。

1日1回のエントリーで月40万円を獲得できます。

これに対し、

資金が少なく1回のエントリーではれるロット数が
小さければ小さいほど、仮に40万円の利益を獲得するには
多くのpips数を稼がなくてはいけません。

そうなるとトレードに無理が出てしまい、
本来入るべきではない箇所でエントリーしてしまいます。

つまり、トレードが崩れてしまうんです。

これが自滅していくトレーダーの典型例です。
(昔の自分もそうでしたので決して他人事ではありません…)

元手資金が少ない方は悲しいですが、これが事実です。

「FXは資金量勝負」

まずはここを認識しましょう。

ですが、だからと言って1回の取引で50pipsや100pipsを
獲得することを目標にすると、カモになってしまいます。

ですから、資金が少ないうちからでも
小さな値幅を狙う手法を積み重ねていくことが正解です。

もちろん大きな資金量があればそれが最強ですが、
そんなことを言ってしまっては元も子もありません。

最初にまとまった元手資金を用意できない方は
高勝率で勝っていき、資金を地道に増やすしかありません。

※そもそも勝てる手法でないと資金を減らしてしまいますので、
勝てる手法に取り組むことが大前提だと言えます。

獲得利益を引き出さなければ複利の力を活用できるので、
最初は地道にコツコツですが、ロットを上げていくにつれ、
どこかのタイミングで大きく稼げるようになってきます。

一番苦しいのは最初なんです。

■その7.デモ取引での練習は無意味

“操作に慣れるため”という面では
超初心者にはデモ取引は意味があるかもしれませんが、
中級者以上の方はデモ取引での練習には意味がありません。

FXは上がるか下がるかなので、
適当にやってもだいたい半分は勝ちます。

新しい手法を検証するのであれば、
小資金でも良いのでリアル口座で行うべきです。

なぜなら、FXで本当に大切なのは精神面の戦いだからです。

FXでは、エントリーするロット数が大きくなるにつれ、
含み損を抱えた時のストレスが尋常ではなくなります。

3ロットや4ロット(海外業者の場合)などになってくると、
エントリーした瞬間にスプレッド分だけでも
相当な含み損を抱えることになります。

この精神的なストレスに耐えられないからこそ、
多くのトレーダーは損大利小のトレードを
積み重ねることになってしまうわけです。

ですが、これに対する対策は「慣れ」しかありません。

小ロットからトレードを始め、
毎日少しずつロットを上げていき、
耐性をつける以外に克服する方法はありません。

ですから、メンタルにこたえないデモ取引なんてまるで意味がないので、
最初から小ロットのリアル口座で練習を重ねて耐性をつけていきましょう。

■その8.マルチタイムフレーム分析は不要

よく、「マルチタイムフレーム分析は行いますか?」という質問を受けます。

勝てないトレーダーほど、マルチタイムフレーム分析が大好きです。

これはFX書籍などの影響があると思います。

ですが私は、マルチタイムフレーム分析は基本的には不要だと考えます。

なぜなら、FXのチャートは“短い時間軸から”形成されていくからです。

よく考えてみてください。

日足ができてから、4時間足や1時間足ができるわけではありません。

1時間足ができてから、15分足や5分足ができるわけではありません。

「逆」ですよね?

チャートというのは、1分足から形成されていきます。

ということで、

「15分足でトレードする時は、1時間足と4時間足を見て~」
なんていうのが教科書的な教えだと思いますが、
私の手法の場合はマルチタイムフレーム分析を度外視しています。

分析をしても良いのかもしれませんが、やらなくても勝てます。

「FXのウソ」の解説も交えながら、私の手法に関して解説しました。

以上のような私のロジックを、教材としてはじめて体系化したので
これを読んでピンと来た方にはご購入して頂けれると嬉しいです。

正直、テキストだけで言語化するのはかなり難しかったです。

ですが、市場参加者の本質的な心理から読み解くロジックとして、
勝つために必要なことを分かりやすくまとめることに成功しました。

注意点としては、「ローソク足とは?」などの初歩的な解説はしていませんので、
それらが必要な初心者の方はGoogleやChatGPT等で検索して下さい。

教材をお手に取って頂けた方は、

・なぜここでエントリーするのか?
・なぜそこでチャートが止まるのか?

などが明確に分かるようになるはずです。

そして小ロットで練習を積み重ねていって頂ければ
コツコツ資金を増やせることを実感して頂けるはずです。

もちろん「100%勝てる手法です」なんていうウソを言うつもりなんてありません。

トレードは未来の予想なので100%当たるということは元から考えていないので、
読みが外れたと思ったらマイナスをできるだけ少なくして建値で逃げるようにします。

現実的には8割の勝率を目指せる内容です。

私は9割くらいは出ています。

(教材を読んで頂ければウソじゃないと分かるはずです)

仮に1ロットでエントリーすると想定すると、

+2万(勝ち)
+3万(勝ち)
+2万(勝ち)
+2万(勝ち)
-2万(負け)
+3万(勝ち)
+3万(勝ち)
±0 (逃げ)
+2万(勝ち)
+3万(勝ち)
——
+18万

イメージ的にはこのようになることを目標にして下さい。

「このサインが出たらエントリー」という安易なロジックではないので
最初から8割とはいかないかもしれませんが、慣れてくればこの域に達することは十分可能です。

8割の勝率を出すことができれば、一定の資金量になった段階から
ビックリする勢いで資産を増やしていけるようになることを実感して頂けると思います。

エントリーに使用できる手法はいくつかあるのですが、
本教材では王道となる本質的な手法を解説させて頂いております。

今まで何をやっても勝てなかった方こそ、お手に取って頂ければと思います。

過去チャートでの検証もぜひ積極的にやってみてください。

「こいつはリアル口座で本当にトレードしてる奴だ」と分かって頂けると思います。

■よく頂くご質問

Q.
通貨ペアの縛りなどはありますでしょうか?
A.
ありません。あらゆる通貨ペアで通用するロジックです。

Q.
1日何回くらいチャンスが来ますか?
A.
監視する通貨ペアが多ければ多いほどチャンスは増える傾向にあります。
ただ大切なのは、厳選して1日1トレードくらいのつもりでエントリーすることです。
1回の取引で20pips獲得できればそれでOKだと考えます。

Q.
使用する時間足を教えてください。
A.
主に15分足でトレードを行います。
通貨ペアによっては5分足を利用することも稀にあります。

Q.
おすすめの通貨ペアなどはありますか?
A.
通貨ペアの縛りはありません。
しかし、特定の時間帯に勝率が高くなる通貨ペアというのは2つございます。
そちらも教材内で公開致します。

Q.
チャートを1日中監視できない会社勤めの人でもできますか?
A.
お勤めからご帰宅後、夜にチャートを見れるのでしたら全く問題ありません。

Q.
どれくらいの期間で身につく手法ですか?
A.
手法自体はシンプルですが、実践での練習は必要です。
それは、メンタル面などの戦いに慣れて頂くという意味も含めてです。
練習を重ねると「こういう事か」と分かってくるようになります。
およそ1ヶ月ほど小ロットで練習すれば手ごたえを感じるのではないでしょうか。

Q.
スマホだけでもトレードできますか?
A.
できないことはないと思いますが、
スマホだけで稼ぎ続けているトレーダーを私は見たことがありません。

Q.
取引業者は国内が良いですか?海外が良いですか?
A.
どちらでも構いませんが、資金の無い方は海外口座の方がレバレッジをきかせられます。
チャート分析にMT4を使用するので、そのままエントリーできる海外口座の方が便利です。

 

商品ページ

1日20pipsを安定して刈り続ける!大衆心理トレードチャートを俯瞰して見れるスキルが身につき、高確率で利益が出るエントリーポイント、チャートが止まる場所が分かるようになります。 | GogoJungle
チャートを俯瞰して見れるスキルが身につき、高確率で利益が出るエントリーポイント、チャートが止まる場所が分かるようになります。チャートを俯瞰して見れるスキルが身につき、高確率で利益が出るエントリーポイント、チャートが止まる場所が分かるようになります。 | GogoJungle

 

 

レビュー・口コミ投稿フォーム

レビュー・口コミは下記フォームより行えます。
悪口に聞こえる場合は、削除させて頂きます。

レビュー・口コミ 名前とメールは空欄でも投稿できます

【無料EA】コピートレードEAの無料配布! MT4・MT5に対応!

当コピートレードEAの特徴としてはサーバー型になりますのでMT5で送信しMT4で受信するといった使い方ができる他、同一のPC環境で行う必要がございません。

無料のコピートレードEAの詳細はこちらをクリック!

FXのキャッシュバックプログラムの始め方【CFD他全てに対応】

FX取引におけるリベートのキャッシュバックプログラムの紹介記事です。

リベートキャッシュバックの詳細はこちらをクリック!

追証なし!海外FX口座について

・追証なしの0カットサービス

海外FX口座は基本的にどの業者も追証なしの0カットサービスを導入していますので、相場が急変して大きな損失を被っても追証が請求される事がありませんので安心です。

・大きいレバレッジ

海外FX口座はレバレッジが大きいのが特徴で、レバレッジ100倍から無制限と様々あります。

レバレッジが大きいと少額の証拠金からでもトレードできるので、資金効率が良くなります。

・国内口座と同等以下のコスト

一般的には海外FX口座は国内FX口座よりもコストが大きいと思われていますが、海外FX口座のキャッシュバックを利用する事により国内口座と同等以下のコストで利用が可能です。

海外FX口座のキャッシュバックについては、こちらを参照して下さい。

・登録ボーナスと入金ボーナスの、ボーナス2重取りができる

海外FX口座では登録ボーナスと入金ボーナスの、ボーナス2重取りができる口座があります。

この2重のボーナスを利用する事により、より多くの証拠金でトレードが可能になります。

ボーナス2重取りができる対象口座は、こちらを参照して下さい。

・取り扱い銘柄が豊富

海外FX口座での取り扱い銘柄は為替だけではなく、CFDや仮想通貨等、様々あり、より多くのチャンスを見つける事が可能です。