Short-1day 11P レビュー

株のストラテジー

Short-1day 11P

 

Short-1day 11P

 

Short-1day 11Pはシステムトレードの達人を使用したストラテジーです。

直近で株価が上昇した銘柄の下落を狙い、約定数を増やすため11種類のパターンを統合したシステムです。

デイトレードなので翌日に持ち越さず大引けで買い戻します。

 

資産管理設定内容

初期資産 : 150万円 
資金の配分: 定率で配分 運用資産を3銘柄へ分散(上限50万円) 
レバレッジ: 2倍
対象の銘柄: 貸借銘柄(東証1部、2部、JASDAQ、マザーズ)
運用方法 : 単利運用
発注方法 : 売り=逆指値注文 買い=当日引け成行

 

バックテスト結果

勝率: 73.06 %
勝ち数: 1,215 回
負け数: 448 回
引き分け数: 34 回
約定率: 76.75 %

平均損益(円): 13,159 円  平均損益(率): 2.99 %
平均利益(円): 28,132 円  平均利益(率): 6.45 %
平均損失(円): -26,450 円  平均損失(率): -6.16 %

合計損益(円): 22,331,100 円  合計損益(率): 5,082.13 %
合計利益(円): 34,180,700 円  合計利益(率): 7,840.50 %
合計損失(円): -11,849,600 円  合計損失(率): -2,758.36 %

最大連勝回数: 25 回
最大連敗回数: 6 回
最大ドローダウン(簿価ベース): 494,900 円(2014/12/03)
最大ドローダウン(時価ベース): 463,200 円(2013/01/09)
PF: 2.885
平均保持日数(イグジット済み銘柄のみ): 0.01 日

 

バックテストでは毎年利益を出し月勝率も高い水準を保っています。

バックテスト期間のトレード別単位の勝率は70%を越えています。

持ち越しをしないため翌日の地合いを心配する必要がほぼありません。

空売りで入ったあと最も危険なのがストップ高張り付きで翌日持越しになることです。

当システムでは株価が下がってきた時だけを狙う逆指値注文を採用していますので、成行注文や指値注文よりも翌日持越しになる確率を大きく下げています。

 

Short-1day 11P

 

コメント

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss