MQL4プログラミングマスタースクール レビュー

FX

MQL4プログラミングマスタースクール

MQL4プログラミングマスタースクール(一括払い)お好きなインジケーター・EAが自由に作成可能!バックテストの取得も可能となります。 | GogoJungle
お好きなインジケーター・EAが自由に作成可能!バックテストの取得も可能となります。お好きなインジケーター・EAが自由に作成可能!バックテストの取得も可能となります。 | GogoJungle

 

MQL4プログラミングマスタースクールはお好きなインジケーター・EAが自由に作成可能!

バックテストの取得も可能となります。

 

MQL4プログラミングマスタースクールのメリット

今回お教えしていく内容は、メインとしては「インジケーターのプログラム方法」になります。

プログラミングをマスターすることで人生が大きく飛躍すること間違いなしです。

実際にどのようなメリットがあるのかご紹介します。

 

バックテストがとれるようになる

FXでもバイナリーでもバックテストの重要性は非常に高いです。

自分でバックテストが出来るようになれば、通常数万単位で依頼することしかできなかったバックテストを何度も行うことが出来ます。

自分自身でバックテストの依頼を受けることもできるようになれば、それ自体も仕事になっていくので需要の高い一生モノのスキルと言えます。

 

自動で取引を行わせることができる

自動売買、いわゆるEAが組めるようになれば、自身のロジックでそのまま売買させることができるんです。

そうなれば不労収入までの道のりはもう直ぐ近くですよね?

貴方にもその世界まで是非進んでいきたいと思っています。

 

自分だけのオリジナルインジケーターを作ることができる

自分で考えたロジックをインジケーターとして形にすることも可能です。

勝率の高いインジケーターを作成することは難しいことですが、高勝率のインジケーターを作成できれば自分だけのツールとして使用することが出来ます。

単純に複数のインジケーターを組み合わせるという方法でも勝率の高いインジケーターの作成が出来ますので、色々と試してみることが重要です。

 

インジケーターを販売することもできる

自分用に作成したインジケーターが勝率の高いものであったり、便利なツールを作成できたという時にはGogoJungleなどのサイト内でツールを販売することもできます。

インジケーターとはプログラムですので、売ってもなくなることはありません。

人気なプログラムであればあるほど、毎月の収入にプラスされていくため、どんどんプログラムを作成して販売できれば安定した収入になっていきます。

あまり自身のないインジケーターや、簡単に作成できたインジケーターは数千円などで販売しても良いと思います。

 

インジケーター開発などの仕事を受注できる

トレーダーさんからの依頼で、こういったインジケーターの作成を依頼したいというような仕事を受注できるようになれば、かなり安定した収入になります。

最初のうちは安めの価格設定でも良いので実績を作りつつ、練習だと思って業績をアップしていけばレベルの高いインジケーターの作成が可能になり、価格設定もどんどんアップしていっていいと思います。

パソコンさえあればできる仕事ですので、トレードを自分でも行いながらできるオススメの仕事とも言えます。

 

商品ページ

MQL4プログラミングマスタースクール(一括払い)お好きなインジケーター・EAが自由に作成可能!バックテストの取得も可能となります。 | GogoJungle
お好きなインジケーター・EAが自由に作成可能!バックテストの取得も可能となります。お好きなインジケーター・EAが自由に作成可能!バックテストの取得も可能となります。 | GogoJungle

 

コメント

FX取引のリベートキャッシュバックプログラムの紹介

FX取引におけるリベートのキャッシュバックプログラムの紹介記事です。

リベートキャッシュバックの詳細はこちらをクリック!

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss