Galaxy Trend FX – ギャラクシー・トレンドFX – レビュー

FX

Galaxy Trend FX – ギャラクシー・トレンドFX –

 

Galaxy Trend FX – ギャラクシー・トレンドFX –

 

Galaxy Trend FXはMT4のシグナルインジケータがメインのトレードノウハウです。

シグナルインジケータがメインなので、
裁量もあまり要らないのが特徴です。

 

Galaxy Trend FXの概要

15分足を使用したデイトレード手法

無裁量で勝率84%

裁量込みでは勝率97.9%

1ヶ月あたりのトレードチャンスは平均200回

1日1回5分のデイトレード

トレンドが狙える

損益比率が約1対4以上の損小利大のトレードを行う

 

トレード内容について

STEP1:チャートに矢印サインが表示される

まず1つ目のステップは、とてもシンプル。

トレードチャンスが来たタイミングで、
ギャラクシーライトがサインを表示してくれます。

さらにうれしいことに、チャンスのお知らせは
メールで送ることもできるので、あなたがスマホをお持ちなら、
いつでもどこでもチャンスを自動でお知らせしてくれます。

あとはチャートを開いて、
ギャラクシーライトが表示した矢印の方向を見ればOK。

ちなみに、矢印の方向と色を変えているので、
売りなのか買いなのかはひと目で分かります。

ほんの2、3秒でできるカンタンな作業なので、
ここはサクッと終わらせちゃいましょう。

 

STEP2:矢印の向きを見てシンプルにエントリーするだけ!

矢印サインが表示されたら、次はエントリーですね。

と言っても、実は矢印サインを確認できた時点で、
エントリーはほぼ完了したも同然です。

矢印の向きが上だったら買い、向きが下だったら売り。

あなたがやることは、たったこれだけです。

本当に幼稚園児でもできてしまうほど、
シンプルなルールですが、これこそが一撃で
がっつり利益を狙うためのエントリー方法になります。

ここも難しいことは考えずに手堅くクリアしちゃいましょう!

 

STEP3:決済サインが出たら利益確定のチャンス!

さて、エントリーができたら、あとは決済のタイミングを待つばかりです。

ここまでのステップであなたは、
チャートを見ながら、片手でちょこっと作業をしただけ。

なので最後のステップの決済でも、
同じようにチャートを見て、ちょこっとだけ
手を動かしていただきます。

具体的には、チャートに決済サインが表示されたら、
そこでパパっと決済してください。

これで、トレードはすべて終了。

本当にお疲れさまでした。

あとは、どのくらいの成績になったのか、
さっそく確認してみるのがオススメ。

ちなみにこの決済サインも、
アラートとメールでお知らせができるので、

お仕事中や外出先など、
パソコンがすぐに開けないような状況でも、
スマホで安心してトレードをしていただけます!

 

講師:本田浩輝

若くして年収4,000万円の世界に到達した新進気鋭の若手トレーダー。

独自に見出した「3分利益の新法則」を世界で初めて確立した実績はFX業界を震撼させ、人気月刊誌『FX攻略.com』でも独占取材を組まれるほど注目を集める。

もともと学生時代は地元でも有名な不良少年で元ヤンキー。

その後、就職先では早朝から深夜まで働くブラック企業であったという経歴を持つ。

そんな堕落した人生を変えるため、幼い頃から興味のあったFXの世界に飛び込んだ。

その後、膨大な検証を重ねた結果に発見した、3分ごとに利益を狙える規則性をもとに「Go!Go!!スキャルFX」を完成させる。

驚異の勝率92%を叩き出し、1日最高300回という絶大なチャンス量を誇る常識破りのスキャルピング手法は、たった3分で為替市場から利益を得られるため多くのFXトレーダーの関心を集めた。

弱冠20歳という、次世代のFX界を背負った若き天才トレーダーである。

 

Galaxy Trend FX – ギャラクシー・トレンドFX –

 

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss