サクソバンクはトルコ円のスワップが高い!DRIPが可能で米国株の空売りもできる

サクソバンク

SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設?|?fx-on.com

 

スワップ派「トルコ/円」のスワップポイント

最近のサクソバンク証券の「トルコ・円スワップポイント」の
買いスワップは12月10日128円、12月11日155円、12月12日で126円と業界の中でも高水準。

 

 

DRIPが可能

DRIPとは「Dividend Reinvestment Plan」のことで、
「配当再投資」のことを指し、配当金を現金ではなく株式で受けることが出来るので、
コツコツと保有する株式の数を増やしていくことが可能となります。

なお、1単位株の配当割り当てに対応していますが、
1株未満は再投資が出来ないため、
現金での清算となります。

また再投資には手数料はかかりません!

 

設定方法

1-口座管理>コーポレートアクション・ボランタリー・イベント>未処理の指示の順で画面を表示させる
2-「追加」をクリックし、各項目を設定する
受け取り:証券
口座番号:外国株口座(イニシャルZ)
取引商品:証券名を入力し、選択(例:コカ・コーラであれば「KO:xnys」を選択)

 

空売りが出来る米株式

サクソバンクでは米株式の現物に加え、
証券CFDの個別銘柄を扱っているため、
同じ株式を現物、個別株CFDの二種類で持つことも可能です。

信用取引ができない米株式で個別株CFDを利用することにより、
「空売り」から始めることももちろん可能です。

FXのように相場の下落局面でもチャンスを逃さずに利益を得ることができます。

また、個別株CFDであれば最大5倍までレバレッジを効かせながら、
効率的に資金を使うことが可能となります。

 

ベーシックコースとアドバンスコースの違いとは

ベーシックコースは取り扱い銘柄が多いサクソバンクの商品の中から、
人気銘柄をピックアップして、
CFDが初めての方でもすぐにお取引頂けるように設計されたコースです。

FX全通貨ペア、金、銀、パラジウムなどの貴金属4銘柄、
ナスダックや日本指数225など株価指数取引8銘柄、
アップルやアマゾンなど日本でもお馴染みの米国株式10銘柄、
注目の中国株式10銘柄、VIX指数関連のETF3銘柄、
WTI原油や天然ガスなど主要4銘柄を含んでいます。

一方、アドバンスコースは欧州やロシアを含む世界中の株式銘柄、
新興国の株価指数やVIX関連のETF、
北海ブレンド原油やNY粗糖など豊富な銘柄を揃えています。

 

最初の設定はベーシックコースとなってますが、
サクソバンクに設定変更のリクエストをすれば、
変更可能となります。

 

サクソバンクのミニ知識

サクソバンクの本店は1992年に設立され、
デンマークのコペンハーゲンにあるフィンティックを追求するグローバルな銀行です。

170か国以上に顧客を持っており、
従業員はおよそ1600人。

なんと60か国以上もの国籍の人たちが働いています。

 

SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設?|?fx-on.com

 

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss